【ダイヤのA actⅡ 129話】七回裏終わりで2-1でリード  えげつない変化球が切れ渡る!

タイトルは「strike back」

425
0

あらすじ

セカンドフライに抑えたことで余裕も出来て回りが見え出したバッテリー

コースは少し高かったが球威が思ってた以上だった沢村の闘志や底力を知る奥村
残りイニングが見えてきた時にどれだけ疲れても集中力が増し

ゾーンに入ることがあるが沢村もその壁を超えてくるのかと思う明石
沢村の投球を見て自分が今試合出れないことが悔しい倉持、春市、小野

去年の夏の都大会での稲実戦のデットボールや練習試合で薬師戦に打ち込まれたことを思い出し
何度期待を裏切っても何度だってやり返せるんだと三振を取る沢村

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者