【悲報】「あー……」リハビリ中の清宮光太郎、キャッチボールすらうまくできずうめき声をあげ咽び泣く

28日、限局性腹膜炎からリハビリ中の清宮幸太郎(18)がキャッチボールをしているときだ。この日は40メートルほどの距離まで延ばしたが、 うまく投げられずに、うめき声をあげて悔しがる場面が何度かあった。

228
0
イマイチですね。そのうち、うまく投げられると思います」

 とは、清宮本人。退院してまだ5日。ボールが手につかないのは仕方ないとはいえ、目についたのが担ぎ投げのようなスローイングだった。

 この日の練習の最後に、室内で計31球のノックを受けた。半分を過ぎたあたりでノッカー役のトレーナーから「ちょっと休むか?」と声をかけられ、
自ら「休みます」と1分ほどインターバルを取った。「久々の運動で体が張ったりしている」と話したように、入院生活で体を動かさなかった反動も出ている。


引用元:news.nifty.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者