2018年01月22日更新
バイキング 小室哲哉 KEIKO

【テレビ】妻KEIKOの現状を明かした小室に「バイキング」が大激論

音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が、引退を電撃表明した今月19日の記者会見で、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・ KEIKO(45)の現状を明かしたことに22日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で、賛否両論が激しく闘わされる 事態になった。

446
0
司会の俳優・坂上忍は「いくら旦那さまだといって、あそこまでKEIKOさんの病状を赤裸々に語れるのかなってふと疑問に思っちゃった。
別に言わなくてもね」、美容家のIKKOも「介護の疲れっていうので良かったんじゃないか」「お互い出る立場として、
細かく言わなくてもいいんじゃない?」と、疑問を呈した。

 これに対し、父親の介護経験があるタレントのフィフィは「家族とかパートナーが、人格が変わってしまうくらいの状況になるっていう
壮絶な介護になってくると、常識とか正義とかで裁かれるようなことじゃなくて、本当に理解してもらいたい」と、小室に強く共感。

 義母の介護経験があるというタレントの野々村真も「フィフィさんと一緒で。本当に大変で、自分のつらいこととか誰かに聞いてほしい時が
必ずあったから、どうしても赤裸々に、どっかで最後はもうこれしかないっていう…」と、小室に同情した。

 坂上が「誰かに聞いてほしいのが会見の席?」と、公の場で語ったことに再度、疑義を呈すると、野々村は「A子さん以外もう他に
いなかったのにこういう状態になっちゃったから、『こういうのだった』って、『僕の気持ちは』って、メディアに言うしかなかったと僕は思う」
と、小室が会見で明かすに至った心理を推察。

 フィフィも「小室さんみたいな立場ぐらいになっちゃうと、たぶん同等に相談できる相手もいなくて、すごい孤独な中で何年間やって
きたと思う」と、頂点に立った小室の孤独をおもんぱかっていた。



引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【広島コロナ】県で213人感染!! 2日連続で200人越え 県民から不安の声

 広島県内で13日、新たに213人の新型コロナウイルス感染が発表された。県内でこ...

【賛否】高速バス運転士が5時間イヤホンで音楽聴きながら歌い乗客から苦情 「眠気防止の為」と説明

 西日本ジェイアールバス(大阪市此花区)は13日、大阪北営業所の男性運転士(45...

マイクロ波による「脳への攻撃」でアメリカ外交官130人以上が謎の脳損傷。新たな暗殺兵器の登場か?

中国などに駐在した米外交官らが脳を損傷する事例が2016年から相次いでいる 被害...

【不倫】「キミの彼氏になりたい」有村昆が美女とホテルへ・・・ 嫁は有岡いずみ

緊急事態宣言下の4月下旬の夜、照明を落としたダイニングレストランのカウンターで、...

【静岡コロナ】感染急増「ステージ3」へ…過去2番目122人の感染

新型コロナの新規感染者数が過去2番目に多い122人となりました。 浜松市で33...

【宮城コロナ】新たに18人の感染を確認 仙台市8人 感染経路不明12人

宮城県内では5月13日、新たに仙台市で8人、名取市で3人、利府町、大和町で2人、...

アクセスランキング

【システム障害】Salesforceで障害!? 世界各国でログインできないなど情報相次ぐ

12日6時20分頃から、顧客情報管理サービス「Salesforce」で障害が発生...

【Outlook障害】Outlookで本文が正しく表示されない障害が発生!「見るだけならこの方法」

Outlookで本文が正しく表示されない障害が発生しています それに関するツイッ...

【悲報】YouTuberが子ども食堂を紹介→金のある大人が「ミックス弁当10個」と大量注文の事態へ

まるかつは、奈良市にあるとんかつ屋さんです。 2018年から、お金がなくご飯が食...

マスゴミに失礼な取材を受けたカフェが抗議→最初は横柄な態度だったが、スポンサーへの内容証明で態度一変

あまりにも失礼な取材があった局のディレクターから謝罪がありましたが電話を切る際に...

【犯人逃走中】和歌山県田辺市下万呂で殺人事件! 刃物を持った男が逃走中! 被害者は外国人男性

12日午後3時ごろ、和歌山県田辺市下万呂で外国人の成人男性が刃物で刺され、重傷を...

【両毛線】井野駅~新前橋駅で人身事故「やばい目の前で人身事故…」

07:24頃、井野~新前橋駅間で発生した人身事故の影響で、一部列車に遅れや運休が...

まとめ作者