【ダイヤのA actⅡ 139話】いよいよ抽選会、気になる初戦の相手は・・!

舟進

262
0

あらすじ

ベンチ外の一年達は監督ノックの凄まじさに驚く
ベンチ組の一年は体力的にもう限界で外れ奥村は悔しさをにじませる
2~3年も疲れが見えているがくらいつく

-回想
初めての甲子園はどうだったか御幸にボス
手強いチームに大歓声と素直に楽しかったが巨摩大に完敗し
今は悔しさしか残ってない御幸の言葉にに安心するボス

ボスが初めて監督として甲子園に出た七年前
メンバーのほとんどが前任の榊が育てた選手だった
昔も今も満足してないのはボスも同じ

-回想終わり
手応え、迷い、玄かい、挑戦
ついてきてくれる選手達がいるから戦えると思っていた
ベスト8じゃ物足りないこのチームはもっと上に行ける

最後までくらいつく2~3年の野手陣を見て
去年のチームにだって負けてないと思う沢村と降谷

明日は抽選会、練習試合も残りわずか
負けるつもりはないと台詞も言うタイミングも被る沢村と降谷は笑い
自分がエースナンバーを取るとアピール

-6月21日 抽選会
稲実と市大のクジが引き終わりもうすぐ落合が引く番

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者