2018年05月18日更新
宮川泰介 日大アメフト 関学

【正論】関学「退場になっても監督が注意する様子がなかった」「宮川泰介はこの試合だけラフプレーをした」

関西学院大学・鳥内秀晃監督「現実に、あの場所におられて、責任者であのプレーを見ていると、自分の厳しさと選手の受け止め方が乖離していると。もし、そういうふうに思うのであれば、あのプレーが起きた時、なぜベンチに戻して、そういうプレーをしろと言ったのではないと言わなかったのかなと、僕は思います」と述べた。

552
0
関西学院大学・小野 宏ディレクターは、

「3回目の反則行為により、当該選手が資格没収、退場となって、チームエリアに戻るに至っても、指導者が当該選手を厳しく注意、指導する様子がうかがえない」。

「特に疑問を抱いているのは、なぜ昨年の甲子園ボウルや今週の試合で、ルールの範囲内でプレーをしていた選手が、突然このような、意図的で、危険かつ悪質な行為に至ったのかという点です」

などと述べた。
引用元:www.fnn.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者