2019年08月24日更新
肥満 注射 ダイエット

太りにくくなる「肥満ワクチン」開発が進展 マウスを使った実験で一定の効果

人間が使用できる日も遠くはない?

46
0
実験では、無菌マウスにヒトの肥満患者の腸内細菌を移植し、高カロリーのえさを与えた。ワクチンを注射したマウス9匹は、腸内細菌がふんとして排出されて減り、ワクチンを注射しないマウス7匹と比べて、体重増加が約12%抑制された。

 腸内細菌が減少したマウスの体内では、小腸などで体内にブドウ糖を吸収するはたらきが活発化せず、肥満や糖尿病を抑える効果が期待できるという。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

今回のマウスを使った実験

出典:pbs.twimg.com

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

あさイチ おおたわ史絵さんが薬物治療について語る みんなの感想まとめ

おおたわ先生が丁寧に解説してくださいました

【会見】前澤友作氏、月旅行より前に「もう一回、宇宙に行くことになっている」

また、宇宙へ行くことに備え「トレーニングなどに時間を割くためにも退任をした」と語...

【悲報】大物ライトノベル作家、時間指定の宅配便が届くも、予想外の事態に困惑

誰もが知ってるあの作家さんに起きた悲劇

【解答速報】2019年9月 ウェブデザイン技能検定試験(2級3級) 解答発表!

9/1に行われるウェブデザイン技能検定試験の合格基準、解答速報、受験生の感想をま...

【悲報】東京工業大学(東工大)の教務web、成績公開日に鯖落ち

東工大生が苦戦中

【朗報】iPS細胞、またまた人類を救う 失明状態の人の視力の回復に成功

 世界で初めてiPS細胞から作った目の角膜の移植手術に成功しました。...

アクセスランキング

まとめ作者