2019年09月18日更新
ひき逃げ 時効 埼玉県警

【逮捕への執念】埼玉県警、ひき逃げ事件の捜査容疑を時効直前で変更し、時効を10年延長という荒業

埼玉県で2009年、小4がひき逃げされ死亡した事件で、県警は容疑を自動車運転過失致死から危険運転致死に切り替えた。自動車運転過失致死の公訴時効は9月30日午前0時だったが、容疑変更により10年延長。

124
0
事件は09年9月30日夜に発生。書道教室から自転車で帰宅途中だった小関さんが車にはねられて死亡した。県警は自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で捜査してきたが、目撃証言などが乏しく、ひき逃げ容疑は16年9月に時効(7年)が成立した。

 遺族はひき逃げ事件の時効撤廃や、危険運転致死罪の積極適用を求めていた。捜査関係者は「現場の状況から総合的に見て危険運転致死容疑が認められる」と話している。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者