【なんでも鑑定団】番組プロデューサー、10年前の石坂浩二との初対面の時から泥酔して喧嘩を売っていた

これって、初めっから石坂さんが嫌いだったんじゃ ・・・

942
0

これは番組プロデューサーが悪い

テレビ東京から「開運!なんでも鑑定団」の司会降板を通告された俳優石坂浩二(74)と、
騒動の引き金になっているチーフプロデューサーとのトラブルの詳細が29日、分かった。
火種は約10年前の酒席でのやりとり。泥酔して高圧的な態度で接してきたプロデューサーと、石坂が初対面で衝突していた。

引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

石坂 浩二 イシザカ コウジ

出典:seah.fujitv.co.jp

 トラブルが起きたのは都内で行われた番組の忘年会。約10年前、チーフプロデューサーが就任した直後だった。

 当時の番組関係者によると、プロデューサーは石坂や鑑定士らにあいさつする機会がないまま、スタジオで業務を行っていたため、忘年会が実質の初対面の場だった。
引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

酔っ払い ...

出典:www.youtube.com
当時の番組関係者によると、プロデューサーは石坂や鑑定士らにあいさつする機会がないまま、スタジオで業務を行っていたため、忘年会が実質の初対面の場だった。

 ひどく酔った状態で、石坂と当時のマネジャーの席に歩み寄ったプロデューサーは、自身が新たに就任したことを告げた後、当時、石坂がメーンだったコーナー「鑑定ルーム」について「あれ、何でやってんのかな?」と話しかけ、「やめた方がいい」などとまくし立てた。居合わせた人は「口調は、石坂さんを愚弄(ぐろう)した感じにも思えた」と話す。

 マネジャーが「(コーナーをやめるかどうかは)そっちが決めろ」といらだちを見せたが、石坂は静観。それでもプロデューサーが話しかけてきたため、しばらくすると石坂が「そもそもお前は誰なんだ!」などと応戦し、大勢が止めに入る騒ぎになった。
引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)

このプロデューサーが悪いという声が殺到

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

相鉄本線、三ツ境~瀬谷駅間で人身事故「また人飛び込んで遅延してる」

三ツ境~瀬谷駅間で発生した人身事故の影響で、二俣川~海老名駅間の運転を見合わせて...

【爆笑必至】おもしろおかしい笑えるドラえもん集

国民的人気漫画・アニメのドラえもんの、思わず笑ってしまうようなおもしろ画像やシー...

アーキ・ジャパンの社内人材教育とは!?

アーキ・ジャパンの社内人材教育について調べました。

【爆笑必至】アンパンマン爆笑おもしろ画像集

国民的人気アニメのアンパンマンのおもしろおかしな画像大集合です。...

京王相模原線、若葉台駅で人身事故「かなり車両が損傷している模様」

21:09頃、若葉台駅で発生した人身事故の影響で、京王相模原線は調布~京王多摩セ...

京王相模原線、若葉台駅で人身事故「凄まじい音と振動とともに、電車が止まった...」

21:09頃、若葉台駅で発生した人身事故の影響で、調布~京王多摩センター駅間の運...

アクセスランキング

まとめ作者