2018年02月13日更新
IOC 平昌五輪 強風

【平昌五輪】IOC、平昌五輪の強風問題がひどくて頭を抱える

国際オリンピック委員会(IOC)は12日、平昌冬季五輪では強風が「頭痛のたね」と認めた一方で、 閉会式の予定日以降の競技実施に言及するのは時期尚早とした。

3051
0
大会は強風により大混乱に陥っており、11日の予選が延期され、12日に全選手が出場したスノーボード女子スロープスタイル決勝では、
風の影響で転倒者が続出。本来の力が出せなかったとして、選手からの不満も噴出している。

 アルペンスキーでは前日に男子滑降、そしてこの日は女子大回転が15日に延期されるなど、2日連続で日程が調整されている。
IOCは強風が「頭痛」となっていることを認めたものの、閉幕予定日の2月25日以降に大会を延長することには慎重な姿勢を示した。

 IOCの広報担当マーク・アダムズ(Mark Adams)氏は「日程を議論するにはまだ少し早いと思う」との見解を示し、「(1998年の)
長野では閉会式の直前に滑降が行われていたと思う。なので時間はたくさんある。大会にはゆとりがある」と語った。

 アダムズ氏は過密スケジュールの再調整は困難だと認めたが、IOCは競技を延期する際はそれぞれの連盟の助言を仰いでいるという。

「重要なのはアスリートの安全だ。各連盟はその競技において豊富な経験を有している。われわれはそれに従う」

「もちろん、われわれは全体のスケジュールを調整しなければならない。それは本当に頭が痛い。すべての異なる競技を異なった形で
実施する。だがわれわれはアスリートの安全を脅かすような決定は何があってもしない」(c)AFP/Talek HARRIS

引用元:www.afpbb.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アマゾン日本法人が1000人を技術職を新規採用! 日本企業は人材流出の大ピンチ?

マゾンの日本法人は22日、技術職を中心に社員を新たに1千人採用すると発表...

【日大コメント全文】宮川泰介選手の会見を受けて、日大広報部が文書でコメント

日大側は『つぶせ』は『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味...

危険タックルをした日大アメフト宮川泰介選手(20歳)の会見、同情の声多数

会見で真摯に反省し真実を話した日大の選手に対して同情する声多数...

【日大アメフト部】反則タックルをした宮川泰介選手(20歳)会見

22日、午後2時45分より日本記者クラブで会見

【悲報】栗城史多さん、登山のプロに「99.999%無理死ぬ」と警告されていた

登山ライター森山憲一のブログより

名古屋市役所で職員など32人が結核に集団感染、うち6人が発病

麻疹の次は結核?

アクセスランキング

まとめ作者