2018年03月16日更新
無線LAN 個人情報 WI-FI

【危険】繁華街の公衆無線LAN 14%に個人情報ダダモレの危険

公衆無線LAN」について、NHKが情報セキュリティー会社と共同で調べたところ、都内の主な繁華街では、暗号化されず、情報漏えいのおそれがあるものが、無線LAN全体の14%を占めていることがわかりました。

119
0
「公衆無線LAN」は「フリーWi-Fi」などの名称で、ホテルや飲食店などを中心に普及が進んでいて、通信料金を気にせずインターネットに接続でき、外国人観光客の需要も多いことから、東京オリンピックに向けて国も整備を後押ししています。

こうした公衆無線LANの実態について、NHKは情報セキュリティー会社と共同で、利用者の多い新宿、渋谷、六本木、それに秋葉原の街頭で安全性を検証しました。

その結果、企業や個人が設置した無線LANも含めて、受信したアクセスポイント1700か所余りのうち、暗号化されていない公衆無線LANが14%余りを占め、そのほとんどで第三者に通信内容を盗み見られたり、サイバー攻撃に悪用されたりするおそれがあることがわかりました。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

破産者マップの地図が見れない状態になった理由 APIの無料枠を使い切ったか?

破産者マップのサイトは復活しましたが、「エラーが発生しました」というメッセージが...

破産者マップの運営Twitterアカウントを特定 サイトと繋がっており確実に本物

破産者マップの係長を名乗るTwitterアカウントを発見しました。サイトからその...

破産者マップ管理人が違法性を否定「官報の文字列をGoogleMapの点に変換しただけ」

破産者マップについては名誉毀損や個人情報保護法違反の可能性が指摘されていますが、...

【エラー】グラブルで通信エラー報告相次ぐ 繋がらないユーザー続出で阿鼻叫喚

【悲報】「さぁくるLOLICEPT」のLOLICEPT先生、活動停止 ツイ垢も削除される

活動停止

【火災】熊谷市荒川大橋、通行止め「熊谷市内荒川周辺で深刻な渋滞、ぜんっぜん動けません」

国道407号線 荒川大橋、火災のため通行止になっています。

まとめ作者