【解答速報】2019年司法試験予備試験・短答式 傾向は?難易度は?手こずった問題は?

司法試験とは、誰もが知っている超有名資格。司法制度改革によって2006年度より主に法科大学院修了者を対象とした新しい司法試験。

1967
0

合格基準

平成29年に続いて、平成30年司法試験短答式試験の合格点は108点以上であり、平成27年及び平成28年の114点以上から6点も下がったことが注目を集めていました。
平成30年司法試験予備試験短答式試験の合格点も160点以上と平成27年の170点以上、平成28年の165点以上に比べて合格点が下がりました。①司法試験と司法試験予備試験は共通問題がかなりの割合で含まれているため、司法試験の難化の影響を予備試験も受けたこと、②民事訴訟法、刑事訴訟法等の訴訟法で細かい知識を問う問題が相当数出題されたこと等が合格点が下がった要因と思われます。条文・判例・過去問を一通り学習しておくことは必須といえます。
出願者数、受験者数、採点対象者数はここ3年で微増傾向にありますが、注目された合格者数は、平成29年の2,299人よりも362人増加し、合格率も2.5%増加しました。
数字を見る限り、予備試験の難易度はかなり高いといわざるを得ません。
短答式試験は司法試験より5科目も多く、論文式試験では憲法の統治、商法の手形などマイナー分野もかなりの頻度で出題されます。出題される分野を自分で決めつけることなく、一通り穴のない学習をするよう心がけてください。
引用元:www.lec-jp.com(引用元へはこちらから)

解答速報

受験生の感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

古瀬鈴之佑巡査の経歴・顔画像を特定 東海大学出身でラグビー部に所属していた肉体派

大阪府吹田市で刺されて拳銃を奪われた警察官は、古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査...

飯森裕次郎の経歴と顔写真 出身大学は駒沢大学、仕事は何をしても長続きせず

飯森裕次郎の経歴(学歴、職歴)について、本人Facebookや各種報道機関のニュ...

【火事】三重県鈴鹿市白子本町付近で大きな火災

警察が公開した飯森裕次郎の写真、手元にモザイクがかかっていた理由は?

大阪府吹田市で飯森裕次郎が警察官から拳銃を強奪した事件。大阪府警は早い段階で犯人...

【バカッター】東大阪柏原高校(偏差値35)でいじめか? 主犯格の正面の顔とツイ垢が判明

これは警察通報モノ

京葉線 新木場駅で線路内立ち入り→線路逃走のため運転見合わせ 他路線にも影響

武蔵野線は、19:46頃、京葉線内での乗客トラブル→線路内逃走の影響で、府中本町...

まとめ作者