【日大アメフト会見】宮川泰介選手の会見で判明した、内田前監督の4つの許せない“嘘”と矛盾点 とは!?

日大と日大アメリカンフットボール部が、これまでに少なくとも4つの許されない“嘘”をついていたことが明らかになった

382
0
一つ目は、これまで情報が錯綜していた「監督、コーチの反則指示」があったか、どうかという点。
宮川氏は、この日の会見で、詳細な経緯と内田正人前監督と井上奨コーチから受けた具体的な言葉を明らかにした。

「アライン(守備ポジションと狙い)はどこでもいい」
「相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」
 これらは疑いようのない反則の指示だ。にもかかわらず日大広報は「監督は反則を指示していない」と“発表”している。これが16日だ。
また、この日の会見を受けて、改めて反則指示はなかったことを弁明した。これらは、もはや見解の相違などではなく“嘘”の発表である。
  
二つ目は、「本人も反則指示がなかったと言っている」との広報コメントだ。
これも、この日、真っ赤な嘘であることが明らかになった。しかも、5月11日に宮川氏が、井上コーチに連絡をして、本部にある内田前監督の部屋で、
監督と井上コーチ、宮川氏と両親の5人で会談を行い、宮川氏の父親から「個人的にでも相手方選手と家族に謝りに行きたい」と申し入れたところ、
監督からは「今はやめてほしい」と拒否され、父親が「監督、コーチから選手に対して対戦校のクオーターバックにけがを負わせろと指示を出し、
選手はそれに従っただけである」ということの公表を求めて、そのメモを渡したが、これも「公表できない」と断られている。
ここまで選手が訴えていたにも関わらず、日大側は、監督、コーチの有利な方向に情報を誘導しようとしていたのだ。

三つ目は回答書の“嘘”だ。
関学大は12日に会見を開き、謝罪と見解についての回答書を求めた。送られてきた回答書を関学大は17日に会見を開き公表したが、
「指導者の指導と本人との理解の間に乖離があった」と書かれていた。だが、弁護士は、この日、「部による聞き取りが一度もなかった。
それで乖離があったというのはおかしい」と暴露した。宮川氏が、監督、コーチの指示をどう受け取って、
なぜ反則行為に至ったか?という経緯に関する部内の聞き取り調査を一度として受けてもいないのに、なぜこういった回答ができたのだろう。

4つ目の矛盾点は、内田前監督が辞任の囲み会見で言った「私がまず関学大に直接お会いして、直接謝罪するのが大事で今まで時間的に迷惑をかけた」との発言だ。雲隠れしてきたことと、辞任が遅れたことへの言い分けだが、宮川氏と父親が「個人的にも謝罪にいきたい」と申し入れても「それはやめてほしい」と止めておき、自らもなかなか謝罪を行っていなかったのだから言葉と行動が矛盾している。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

【不具合】YouTubeで鯖落ちか 「見れない」「バグってる」「落ちた」との声相次ぐ

YouTubeで不具合発生 500 Internal Server Error表...

相鉄線 瀬谷〜三ツ境駅間で人身事故 「始発で踏切に飛び込みか?」10/17

※情報更新中 相鉄本線で人身事故

【強盗未遂事件】高円寺駅付近の高円寺南三郵便局に刃物を持った男 現在逃走中 杉並区高円寺南

【余罪】ミスター慶應の渡辺陽太の高校の同級生現れる「図書館で見かける度に財布の盗難事件が起きた」

酩酊状態の女性に乱暴したとして、神奈川県警神奈川署は16日、東京都港区元麻布の慶...

ミスター慶應・ 渡邉陽太くんの親は貧困ビジネスなどで悪名高い「地商総業」の社長だった!

神奈川県警神奈川署は16日、東京都港区元麻布の慶応大学2年、渡辺陽太容疑者(22...

熱愛ふたたび?!嵐・大野智&夏目鈴(藤岡まなみ)インスタストーリー匂わせが話題に

かつて週刊誌・フライデーにて嵐のリーダー大野智と夏目鈴(藤岡まなみ)の交際同棲が...

まとめ作者