ハリルホジッチ、名誉毀損で日本サッカー協会を訴える 「金ではない。名誉の回復が重要なんだ」

4月7日付で日本代表監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、日本協会を相手に民事訴訟を起こす方針を固めた。

167
0

金塚弁護士によると、ハリルホジッチ氏は金銭面の補償は望んでいない。
名誉回復を重要視しており「誠意ある謝罪」「解任の真相の説明」などを求めるという。
法廷で証言する必要性が生じれば、再来日する準備もある。
W杯ロシア大会の開幕が約1カ月後に迫る中、日本協会が前監督から訴えられる前代未聞の事態に陥った。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者