【サッカー】頭抱えるイレブン…FIFAランク8位ポーランドまさかの連敗で早々敗退決定

まさかの敗退決定に、イレブンも頭を抱えた。グループHで最もFIFAランキングが高い8位でW杯に出場したポーランド代表だったが、初戦のセネガル戦を1-2で落とすと、“崖っぷち決戦”となったコロンビア戦も0-3で完敗。第3節の日本戦を残して、敗退が決定した。

185
0

 大会注目ストライカーのFWロベルト・レワンドフスキだが、不発で大会を去る可能性も出てきた。セネガル戦で抑え込まれたエースは、コロンビア戦でも徹底的マークに遭う。終盤、後半43分に強烈なミドルシュートを放ったが、GKダビド・オスピナの好セーブに防がれた。

 0-3となってからはベンチの選手たちもさすがに頭を抱えた。第3節で対戦する日本としてはポーランドの意地に警戒だが、メンタル面を含め、中3日でどれだけ立て直すことが出来るだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655523-gekisaka-socc

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者