【陸上】川内優輝、大逃げの結果、大雨の中2時間15分台の低タイムで世界最高峰のボストンマラソンで優勝

第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(31=埼玉県庁)が初優勝しました。速報タイムで2時間15分54秒でした。日本勢の優勝は1987年大会覇者の瀬古利彦(61)以来31年ぶり。

260
0
冷たい雨が降り注ぐコンディションだった。渡米前の羽田空港で、前半は「目立たないように」と集団に潜むプランを描いていた。しかし、宣言とは違い、スタートからダッシュで飛び出す、大逃げ策を敢行。中間点を先頭集団の中で1時間5分59秒で通過し、その後も持ち味の粘りを発揮した。40キロでは昨年優勝で、先頭を走っていたジョフリー・キルイ(ケニア)と20秒差の2位。ラスト2・195キロで逆転し、2分25秒差を付ける圧勝劇だった。

 前回大会は大迫傑(26=ナイキ・オレゴンプロジェクト)が日本人30年ぶりの表彰台となる3位。日本勢は2年連続の表彰台となった。

 出場の経緯は意外な縁だった。代理人であるラーナー・ブレッド氏が昨夏、大学の先輩に当たる同マラソン3連覇のビル・ロジャース氏(米国)と野球の米大リーグのレッドソックス-マーリンズ戦を観戦。その時、ロジャース氏が川内へ向けて、ボストン出場のラブコールをした。その動画をブレッド氏からもらった川内は「偉大な選手から呼んでいただけるのはうれしいこと」と30分以内に出場する意向を伝えたという。昨年末にはコースを試走。122回の世界的にも伝統あるレースでサプライズを起こした。

 ただボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならない。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

京浜東北線 蒲田~川崎駅間で人身事故 「踏切ではねられる。警察官が懐中電灯で線路確認」東海道線遅延

※情報更新中

アパマン従業員のやったことは自爆テロみたい 大量にスプレー缶に穴を開ける作業後の事故だと判明

締め切った部屋でガス缶スプレー100本ほどのガスを抜いていたそうです。その後給湯...

【爆破事故記者会見】アパマン社長の敬語がおかしいとネットがざわつく事案発生「言葉遣いめちゃくちゃ」

相鉄線 瀬谷駅での人身事故の影響で横浜駅が大混雑カオス状態 入場規制 現地の様子

常磐線、馬橋駅で人身事故「すごいことになってる!」

11:36頃、馬橋駅で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせています。なお、振...

まさか解散!?ゆずからのお知らせにファン不安の声 12月19日に発表

ゆず、活動内容、ゆずからのお知らせ、感想、ファン不安、重大発表、活動休止、重大な...

まとめ作者