【陸上】川内優輝、大逃げの結果、大雨の中2時間15分台の低タイムで世界最高峰のボストンマラソンで優勝

第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(31=埼玉県庁)が初優勝しました。速報タイムで2時間15分54秒でした。日本勢の優勝は1987年大会覇者の瀬古利彦(61)以来31年ぶり。

219
0
冷たい雨が降り注ぐコンディションだった。渡米前の羽田空港で、前半は「目立たないように」と集団に潜むプランを描いていた。しかし、宣言とは違い、スタートからダッシュで飛び出す、大逃げ策を敢行。中間点を先頭集団の中で1時間5分59秒で通過し、その後も持ち味の粘りを発揮した。40キロでは昨年優勝で、先頭を走っていたジョフリー・キルイ(ケニア)と20秒差の2位。ラスト2・195キロで逆転し、2分25秒差を付ける圧勝劇だった。

 前回大会は大迫傑(26=ナイキ・オレゴンプロジェクト)が日本人30年ぶりの表彰台となる3位。日本勢は2年連続の表彰台となった。

 出場の経緯は意外な縁だった。代理人であるラーナー・ブレッド氏が昨夏、大学の先輩に当たる同マラソン3連覇のビル・ロジャース氏(米国)と野球の米大リーグのレッドソックス-マーリンズ戦を観戦。その時、ロジャース氏が川内へ向けて、ボストン出場のラブコールをした。その動画をブレッド氏からもらった川内は「偉大な選手から呼んでいただけるのはうれしいこと」と30分以内に出場する意向を伝えたという。昨年末にはコースを試走。122回の世界的にも伝統あるレースでサプライズを起こした。

 ただボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならない。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

【謎】行方不明2歳児よしきちゃん発見されるも不可解な点が多く様々な考察が!真相は誘拐か神隠し?

山口県周防大島町に家族と帰省していた2歳男児が、帰省先の家の周辺で行方がわからな...

【誘拐?神隠し?】山口県周防大島町で行方不明のよしきちゃん無事発見も不可解な点が多いと話題に

藤本理稀ちゃんが無事発見される

大分の捜索ボランティア 尾畠春夫さんが聖人すぎる!山口県周防大島町の行方不明男児を発見

山口県周防大島町の行方不明男児を発見した捜索ボランティアの方が話題に...

【不明2歳男児】尾畠春夫さんのインタビューに視聴者感動「人柄がにじみ出てる」「トンボ止まってるw」

ワイドスクランブル

【無事発見】山口県周防大島町行方不明2歳男児 藤本理稀ちゃんを無事救出「命に別状なし」現場近くで保護

山口県周防大島町で行方不明の2歳男児を無事発見

【動画】愛工大名電 柳本くんの誕生日をハッピーバースデー応援歌の演奏で甲子園アルプスが祝福!

【甲子園】高校野球 柳本優飛くんの誕生日を球場全体が祝福し本人も思わず笑顔...

まとめ作者