2018年01月22日更新
片平晋作 膵臓がん 訃報

【訃報】元西武の片平晋作氏が膵臓がんで死去 68歳

ご冥福をお祈りします

127
0

 南海、西武などで活躍した片平晋作さんが22日午前9時58分、膵臓がんのため死去した。68歳だった。昨年11月にがんが判明し、闘病生活を送っていた。通夜、告別式の日程は未定。

 大阪府出身の片平さんは、上宮高時代から憧れの王貞治をまねた一本足打法を始め、東農大を経て1971年ドラフト4位で南海に入団。77年にバセドウ病を発症も克服し、79年に打率3割2分9厘、翌80年は21本塁打を放ち、南海の主力打者として活躍した。

 82年の西武移籍後も勝負強い打撃で、82、83年の連続日本一に貢献。40歳の89年に大洋で現役引退。その後は西武で1軍打撃コーチ、2軍監督、編成部長などを歴任した。09年限りで西武退団後は、解説者として活動する一方、女子プロ野球・アストライアの監督も務めた。

 片平さんの訃報を受け、西武で84~86年にチームメートだった西武・辻発彦監督(59)は「昨年までグランドに来て、仕事もされていた。正月に具合が悪いと聞いていて、少し心配してましたが…残念というか、さみしいですね」と悼んだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者