【5本の柱】菅政権、緊急事態宣言解除後の”リバウンド対策”を掲げさっそく実行に移す!【迅速な対応】

3月22日0時に緊急事態宣言が解除され、少しずつ経済活動の幅を広げる動きが出ている。そこで懸念されるのが感染拡大の”リバウンド”だが、菅政権はそれを封じ込めるために「5本の柱」と呼ばれる対策を掲げ、実行している。この着手の速さ、野党には真似できるだろうか?いやできないだろう。

797
0

▼3月22日0時、緊急事態宣言が解除された

出典:news.yahoo.co.jp
少しずつ経済が動き出している日本
これからは経済活動とコロナ対策の両立に力を注ぐようだ。
政府は首都圏に発令していた新型コロナウイルスの緊急事態宣言を22日午前0時に全面解除した。感染再拡大を防ぐ対策は自治体と調整し、段階的に緩和しながら継続する。飲食店に対する営業時間の短縮要請はこれまでの「午後8時まで」から「午後9時まで」へ延ばす。
引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)
解除に伴い、4都県は少なくとも22~31日、飲食店などに対する営業時間短縮要請をこれまでの午後8時までから1時間延ばして午後9時まで(酒類の提供は午後8時まで)とする。事業者への協力金は1日6万円から4万円へと減額する。

 4都県で「5000人」が上限となっているイベントの人数制限は解除後、4月18日までは「収容率50%以内なら最大1万人」となる見通しだ。政府は同19日以降、1万人超も可能となる「収容率50%以内か5000人の大きい方」に緩和する方針。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

懸念されるのは「感染拡大のリバウンド」

政府は21日をもって、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を2カ月半で全面解除した。東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県で継続していた宣言が終わった。ただし新規感染者は増加傾向で感染再拡大(リバウンド)の懸念があり、政府は変異株の検査体制などを強化する。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

前回の宣言解除後には”リバウンド”が起こっていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www3.nhk.or.jp
緊急事態宣言後に増えてしまった感染者
感染者はあれよあれよと増えて、宣言解除時の6倍にも膨れ上がった。

決して少なくない東京の感染者数

東京都は、24日午後3時時点の速報値で、今月に入って最も多い420人が都内で新たに新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

今月、感染確認が400人を上回るのは、409人だった1週間前の水曜日以来、2回目です。

また、1週間前の同じ曜日を上回るのは5日連続です。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
出典:news.tbs.co.jp
都内の人出は増えている…
これらが感染拡大に直結するとは言い切れないが、
出歩くときの感染対策はより一層強化する必要がある。
緊急事態宣言解除に伴い、ちょっとした気の緩みなどから
”リバウンド”するリスクが高まっている。

そんな危ない状況を脱すべく、
政府はリバウンド対策を打ち出し、実行に移している。

▼菅政権、リバウンド対策「5本の柱」を掲げ即実行!

出典:www.jiji.com
政府も無策ではない
経済活動とコロナ対策の両立を保つために、
政府主導で様々な政策を打ち出している。
その内容について、菅総理は会見で次のように話している。
「宣言が解除される今が大事な時期だ。地域の状況を踏まえ、国と自治体が一層協力しながら、しっかり対策を続けていく。これまで踏ん張ってきていただいた皆様へのお願いだけでなく、自治体との協力、役所間の連携については、私のもとで総合的に調整し、実効性ある対策を打っていく。」
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

感染の再拡大を防ぐ5本の柱からなる総合的な対策を決定した。国と自治体が連携して、これらを着実に実施していく。
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.nagoyatv.com
リバウンド対策「5本の柱」
感染者の把握、変異ウイルス対策、病床確保など
ズルズルと感染拡大を長引かせないための措置が講じられる。

①飲食での感染防止

第一は、飲食での感染防止だ。1都3県では、それぞれの都県の要請により、21時までの飲食店の時間短縮を継続し、1日4万円の支援を行う。席と席の間隔や店内の換気に関してガイドラインを守っていただくことも重要だ。1都3県合わせて1日1万件前後の見回りを行っているが、さらに対策を徹底していく。これから卒業式、入学式、歓送迎会などの季節となるが、大人数の会食は控えていただくようお願いする。

 こうしたメッセージが広い世代の方々に届くように、テレビのコマーシャルのほか、SNS、ネット、動画などあらゆる媒体を活用し、これまでにない規模で集中的な発信を行う。
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.gov-online.go.jp
感染リスクの低い会食を
座席の座り方、会話時のマスク着用などで
相手に飛ばす飛沫の量もかなり変わってきそうだ。

②変異株への対応

第二は、変異株への対応だ。国内の監視体制を強化するために全都道府県で陽性者の検査を行っているが、今後、(陽性者の検体から)抽出する割合を現在の10%から40%程度に引き上げる。航空便の搭乗者数の抑制により、入国者の総数を管理するなど水際措置も強化する。
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.chunichi.co.jp
日本で確認されている主な変異株
特に英国株と言われる変異ウイルスの感染拡大が深刻だ。

③感染拡大の予兆をつかむためのモニタリング検査

第三は、感染拡大の予兆をつかむための戦略的な検査の実施だ。繁華街や駅などで既に実施している無症状者のモニタリング検査を順次、主要な大都市で大幅に拡大し、来月には1日5000件の規模とする。

 高齢者施設等について今月末までに3万か所の施設を対象に検査を行い、来月からはさらに集中的、定期的な検査を実施する。
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.chugoku-np.co.jp
モニタリング検査の予行演習の様子
予行演習を重ね、3月19日から本格的に開始している。

④安全、迅速なワクチン接種

第四は、安全、迅速なワクチン接種だ。変異株を含めて感染対策の決め手となるのがワクチンで、一日も早く全国民に届けなければならないとの思いで準備を進めている。6月までに、少なくとも1億回分が確保できる見通しだ。医療従事者、高齢者に行き渡る十分な量で、安心して接種いただけるように丁寧な情報発信を行っていく。
引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
出典:blog.livedoor.jp
菅総理もワクチン接種
今のところ副反応は出ていないようだ。

⑤次の感染拡大に備えた医療体制の強化

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【岬町長選挙2021】開票速報と選挙結果(日程・候補者情勢・投票状況)まとめ

大阪府岬町(みさきちょう)で任期満了で実施される岬町長選挙の情報のまとめページで...

【岬町長選挙の速報2021】最新の開票状況は?情報元のご案内!

大阪府の岬町長選挙2021の情報配信です。投票日を迎え、投票の終了後に間もなく実...

トヨタ社長、F1日本中止で激怒「なんでオリンピックは許されて、自動車レースは許されないんですか」

 トヨタ自動車の豊田章男社長は18日に三重県鈴鹿市内で開いた記者会見で、新型コロ...

【訃報】ポディマハッタヤさん、コロナにより死去 国語の教科書「一本の鉛筆の向こうに」で有名

ポディマハッタヤさん(シンハラ語: පොඩි මහත්තයා ラテン文字転写: ...

【上板町長選挙2021】開票速報と選挙結果(日程・候補者情勢・投票状況)まとめ

徳島県上板町(かみいたちょう)で任期満了によって実施される上板町長選挙の情報のま...

【静岡県警】沼津署 勤務中の警察官が署内の更衣室で拳銃自殺 遺書はなし

18日昼ごろ、沼津署内で男性巡査部長が頭から血を流して倒れているのが見つかり、搬...

アクセスランキング

【人身事故】JR京都線 島本駅〜高槻駅で人身事故「ブルーシートから、なにか出てる」

JR京都線 島本駅〜高槻駅で人身事故が発生しました。 現在運転の運転見合わせ・遅...

【人身事故】小田急小田原線 玉川学園前駅で人身事故「撥ねられる現場見た」

小田急小田原線 玉川学園前駅で人身事故が発生しました。 現在運転の運転見合わせ・...

【音声】岸和田だんじり祭り開催前夜にノーマスクで酒飲!大騒ぎ!「下手すりゃ愛知の某フェスより酷い!」

今月18、19日に開催予定の大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」をめぐり、運営団...

【速報】飯塚幸三被告(90)を禁錮5年とする実刑判決が確定! 上級国民から受刑者にジョブチェンジ

東京・池袋で2019年4月、暴走した車にはねられて母子が死亡、9人が重軽傷を負っ...

【特定班】RADWIMPSギター桑原彰、不倫相手は「多屋来夢」? 経歴や写真の持ち物が一致!?

実はライブ前々日の18日、RADWIMPSのメンバーでギターを担当する桑原彰(3...

「バッチ処理は時代遅れです」 ITジャーナリストの佃均氏が、みずほ銀行の記事でコメントして物議

数え切れないほど障害を起こしても、改善の気配がない。ミスや事故にしては多すぎる。...

まとめ作者