【アメトーーク】出川さんが「ロベルト本郷」のことを「ドナルド本郷」と言い間違える!名言誕生!

「サッカー日本代表応援芸人」の見どころ&Twitterの感想まとめ。8月25日。

1564
0

サッカー日本代表応援芸人

今回のアジア最終予選の対戦国について解説。ロンドン五輪や2015アジアカップなどで活躍したUAEのオマル、2015年アジアカップ王者で2006年ドイツW杯などで活躍したオーストラリアのケーヒル、リオ五輪代表の黄金世代であるイラクを紹介。今回のハリルホジッチ監督は、フランスリーグ2度の得点王で、選手としても活躍していた。

ハリルジャパンの戦い方について解説。ザックジャパンは、ボールをキープして細かいパスで相手チームを崩す。それに対しハリルジャパンは、素早い攻守の切り換えで、縦に早い攻めを展開する。渡部篤郎は、グルメに例えてと促されて、料理を素早く出すようなもの、と話した。

活躍が期待される選手として、浅野拓磨と西川周作を紹介。浅野拓磨は次世代のエースで、50メートル5秒9の快足スピードが注目されるリオ五輪などで活躍した選手。一方、西川周作は正確で低い軌道のキックが武器となっている浦和レッズ所属の選手。

活躍が期待される選手として、宇佐美貴史と清武弘嗣を紹介。妻が宇佐美蘭で愛妻家の宇佐美貴史は、ハリルJAPAN最多出場の選手で、キリンカップなどで活躍し、かつてガンバ大阪などで活躍した選手。一方、清武弘嗣は、前園以来のドリブラーで、セビージャで活躍している選手。

活躍が期待される選手として、香川真司と岡崎慎司と長友佑都を紹介。香川真司は、肉体改造に取り組んだドルトムントの選手。岡崎慎司は、レスター優勝に貢献した選手。長友佑都は、健康マニアで毎日の食事と内容体重をノートに記録し、体幹トレーニングとヨガを組み合わせたオリジナルヨガで鍛えている。

活躍が期待される選手として、香川真司と岡崎慎司と長友佑都を紹介。香川真司が食べているうどんは香川県産、UDNという事務所の名前になるほどうどんが好き。サッカー界の出川哲朗と呼ばれる岡崎慎司は、足が遅いけど点が取れる選手で、現代表メンバーで最多49得点。

活躍が期待される選手として、香川真司と岡崎慎司と長友佑都を紹介。香川真司が食べているうどんは香川県産、「UDN」という事務所の名前になるほどうどんが好き。サッカー界の出川哲朗と呼ばれる岡崎慎司は、足が遅いけど点が取れる選手で、現代表メンバーで最多49得点。

活躍が期待される選手として、槙野智章を紹介。槙野智章は、日本代表の盛り上げ役で、テレビカメラの位置を把握している。土田晃之は、練習着をくれたが「一緒にサッカー界を盛り上げていきましょう」と書かれていて着れなくなった、と話した。

アジア最終予選の中継をより楽しむために、日本代表の試合に出てきそうなプレー「裏への抜け出し」について解説。オフサイドは、待ち伏せ攻撃を禁止するためのルール。裏への抜け出しに挑戦した出川哲朗は「裏取るの難しい!ボール来なくても、こんなに疲れる」と話した。渡部建はボールを持ってない時の攻防について、厨房の中、と例えた。

アジア最終予選の中継をより楽しむために、日本代表の試合に出てきそうなプレー「おとりの動き」について解説。ヒデは、おとりの動きについてお笑いでいうとガヤ、と話した。土田晃之は、長友佑都は90分間走りっぱなし、と話した。

サッカー日本代表応援芸人が楽しく観るためのプレー解説「プレスをかける」についてトーク。プレスをかけるとは相手にプレッシャーをかけることで渡部建はグルメに例えると6時オープンの店に5時半に並ぶとした。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者