2018年01月22日更新
ips ねつ造 改ざん

京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の助教が発表した論文の図に、捏造(ねつぞう)や改ざん

山中伸弥所長は、「このような論文不正を防ぐことができず、所長として非常に強く後悔、反省をしております」と謝罪した。

240
0
京大iPS研助教の論文で捏造・改ざん 調査結果発表へ

1/22(月) 16:54配信  朝日新聞デジタル

 京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の特定拠点助教が発表した論文の図に、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究不正があることが分かった。

京都大は山中所長や副学長が22日会見し、調査結果を発表した。

 京大によると、不正があった論文は、同研究所所属の助教が筆頭著者で2017年2月、米科学誌ステム・セル・リポーツに発表した。

論文では、iPS細胞から「血液脳関門」と同様の特徴を持つ脳の血管内皮細胞をつくったとしていた。

血液脳関門は脳を守るために、脳に入る血液中の物質を制限する働きがある。

 その後、論文の信頼性について疑義があるとの情報が同研究所に寄せられ、実験の測定値のデータから論文の一部のグラフの再構成を試みたが再現できなかった。

このため、京大が予備調査を経て、本格的な調査を進めていた。


引用元:朝日新聞デジタル
山中所長「強く後悔、反省」 京大iPS研の論文不正

1/22(月) 18:23配信 朝日新聞デジタル

 京都大iPS細胞研究所(CiRA)の助教の研究論文に捏造(ねつぞう)や改ざんが認められたことを受け、22日夕に会見した山中伸弥所長は、「このような論文不正を防ぐことができず、所長として非常に強く後悔、反省をしております」と謝罪した。

 山中所長によると、助教本人も不正を認めているという。

CiRAでは、論文不正を防ぐために定期的に実験ノートを提出させ、論文発表時に生データも提出させてきた。

山中所長は「こうした対策をとってきたつもりだったが、残念ながら論文不正を見抜くことはできなかった。

私たちがやってきたことが不十分だった」と語った。

 一方、CiRAや他の研究機関が計画している臨床研究や治験とは「全く無関係の論文であることはご理解いただきたい」と述べた。


引用元:朝日新聞

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者