2018年04月23日更新
ホンダ モンキー 復活

ホンダ「モンキー」が復活! 50ccから125ccにパワーアップ、欲しいけど高い

 ホンダは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を2018年7月12日(木)に発売すると発表しました。

292
0
ホンダ「モンキー」が復活! 50ccから125ccにパワーアップ新型「モンキー125」発売

4/23(月) 12:18配信 くるまのニュース


 ホンダは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種のレジャーモデル「モンキー125」を2018年7月12日(木)に発売すると発表しました。


 ホンダは「モンキー125」の開発にあたって、楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”をコンセプトに定めました。

 従来の50ccモデル「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとしています。
 
 スタイリングは、前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用。また、趣味性の高いモデルとして、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバーなどをクローム仕上げとしています。

 エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、市街地で多用する回転域では力強く、ツーリング走行ではスムーズさを楽しめる出力特性としています。

 車体は、しなやかさと剛性を兼ね備えたバックボーンフレームを採用。シートレールは剛性を確保しながら、デザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状としています。

 脚まわりには、バネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度を確保した専用設計のスイングアームを採用しています。

 ブレーキは、制動フィーリングに優れた前・後ディスクを採用。フロントのみABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)を装着したタイプを設定。タイヤは12インチのブロックパターンタイプを装着しレジャー感を演出。高密度ウレタンを採用したクッション性の良いシートの採用などとあいまって、快適な乗り心地を確保するとともに、剛性感としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールを実現したといいます。

 主体色には、情熱を表現するパールネビュラレッドと、若々しさを表現したバナナイェローの2色を設定し、コンパクトな車体の存在感を高めています。また、燃料タンクを主体色とホワイトのツートーンとしています。


「モンキー125」の販売計画台数(国内・年間)は3200台といい、価格(消費税込)は39万9600円から43万2000円です。


引用元:くるまのニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

【文春砲】乃木坂46西野七瀬(なーちゃん)がディレクターを自宅にお持ち帰り お泊りデート

【訃報】立花の菊リン・石井博泰さんが51歳の若さでお亡くなりになられました【ビーバップハイスクール】

ビー・バップ・ハイスクールで立花の菊リンを演じられた石井博泰さんがお亡くなりにな...

【文春砲】乃木坂の西野七瀬さんがディレクターを自宅にお持ち帰り「イニエスタが日本に来る並の衝撃」

しかもお泊まりデート×2

BABYMETALからYUIMETAL(水野由結)がバンド脱退!?2018年海外ツアー参加せず!

日本だけでなく世界各国で注目されているBABYMETAL(ベビーメタル)のメンバ...

藤井聡太の昇段条件まとめ 七段から八段へ 随時更新

竜王戦連続昇級を達成し、七段昇段を果たした藤井聡太くんですが、「七段でいるのはい...

【謎の技術】NHK「チコちゃんに叱られる」のチコちゃん、人形っぽい表情が変わる。どうなってるの?の声

中の人はキム兄こと木村祐一らしいですね。ボーっと生きてんじゃねえよ!がキメセリフ...

まとめ作者