2018年02月21日更新
女子パシュート 日本 金メダル

【平昌五輪】スピードスケート 女子パシュート決勝戦日本、オランダを制し金メダル!!

スピードスケート 女子パシュート 日本、金メダル!2分53秒89オリンピックレコード

762
0
女子団体追い抜き、日本が金 姉妹出場の高木美は冬季1大会初の金銀銅メダル制覇

2/21(水) 22:01配信 スポーツ報知


◆平昌五輪第13日 ▽スピードスケート女子団体追い抜き決勝(21日、江陵オーバル)

 優勝候補の日本は、高木美帆(23)=日体大助手=、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=が出場した決勝で2分53秒89の五輪新記録でオランダを破り、念願の金メダルを獲得した。

オランダとは1秒58差だった。

同種目では10年バンクーバー五輪銀以来、2大会ぶりのメダルとなった。

 今季W杯で世界新3連発をたたき出した強さを存分に発揮した。

カナダと対戦した準決勝は、1回戦(19日)の佐藤に代わって菊池彩花(30)=富士急=が出場し、2分58秒94で圧倒。

日本代表・湯田淳監督は連戦の疲労を考慮し「どういうメンバーで臨むかが1つのポイント」と話していた通りの巧みな起用術。

選手層の厚さも見せつけた。

 エースの高木美は1500メートル2位、1000メートル3位続き、日本の冬季五輪初となる金銀銅のメダルを完全制覇。

姉・菜那とのきょうだい金メダルは、夏冬通じて日本初の快挙だ。

バンクーバー五輪に15歳で出場した妹・美帆と落選した姉・菜那。

14年ソチでは美帆が涙を飲んで立場が逆転した。

時に反発し合ったりもしたが、悔しさを乗り越えるお互いの姿に共鳴。

スケートの実力を素直に認め合って成長につなげた。

以降は国内旅行をともにするなど歩み寄り、日本のチームワークを世界一の座まで一気に押し上げた。

そして18年平昌。高木姉妹の「2人で金メダルを取って、両親にかけてあげたい」との願いが夢舞台で結実した。

 今大会の日本勢のメダルは11個となり、1998年長野五輪を上回って冬季大会最多となった。


引用元:スポーツ報知

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者