2018年02月13日更新
千葉 バラバラ殺人

【千葉地裁】弟を殺害し遺体をバラバラにした姉「殺意はなかった」

千葉県酒々井町の住宅で2016年9月、住人の竹内諒さん=当時(21)=の切断遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われた姉の竹内愛美被告(26)の裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(高木順子裁判長)であった。

2613
0
姉「殺意なかった」=男性切断遺体―千葉地裁

2/13(火) 10:26配信 時事通信

 千葉県酒々井町の住宅で2016年9月、住人の竹内諒さん=当時(21)=の切断遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われた姉の竹内愛美被告(26)の裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(高木順子裁判長)であった。

 愛美被告は罪状認否で「殺意はありませんでした」と述べ、弁護側は「身体を守るためだった」と正当防衛を主張した。判決は3月5日の予定。

 起訴状によると、愛美被告は16年8月31日ごろ、同居していた諒さんを刃物で刺して殺害。

同9月12日までの間に、遺体を切断し、冷蔵庫などに隠したとされる。 


引用元:時事通信

千葉姉弟殺害事件とは

千葉・酒々井のバラバラ殺人 死体損壊・遺棄、殺人罪で25歳の姉を起訴


2017.1.28 11:55


 千葉県酒々井町上本佐倉の住宅で2016年9月、住人の竹内諒さん(21)が殺害されバラバラに切断された状態で見つかった事件で、千葉地検は27日、殺人と死体損壊・遺棄罪で住人のスーパーマーケット従業員で諒さんの姉の竹内愛美(えみ)容疑者(25)を起訴した。

 起訴状によると、竹内被告は昨年8月31日ごろ、自宅で諒さんの体を殺意をもって刃物で刺すなどして殺害。その後、9月12日ごろまでの間に、自宅内で諒さんの遺体を包丁などで多数の部位に切断するなどした上、冷蔵庫の中に隠すなどしたとしている。

 捜査関係者によると、竹内被告は逮捕後、県警の調べに対し「姉弟間のトラブルで殺害してしまった」などと供述していた。諒さんの遺体はバラバラに切断されポリ袋に入れられていたといい、竹内被告が事件の隠蔽(いんぺい)を図ったものとみられるという。

 竹内被告は逮捕後、責任能力などを調べるため、今月20日まで鑑定留置されていた。
引用元:産経ニュース

街の声

myr***** | 46分前
いやいやそこ迄やっといて殺意は無いはおかしいでしょ。

cha***** | 46分前
殺意があったかなかったの立証って必要あんのかね??
殺しちゃってる時点で殺意があったってことじゃないの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

veg***** | 43分前
身体を守るためだったのなら、死体損壊などせずに正当防衛で届ければ良かったこと。
死体を切り刻んだ時点で証拠隠滅を意図していたと推察されるし、後ろめたいことがあったと思われてもしょうがない。

あぼさん | 1時間前
殺意と殺人が立証できなくても、死体損壊や証拠隠滅は合わせ技で殺人と同等の厳罰が下るべきだと思うんだけど。
軽いと「殺人をして隠し通せた人はボーナスで減刑です!がんばって隠しましょう!」ってならないか?

tre***** | 25分前
俺も昔、酒々井町に住んでたけど確か交番すらなかった気がする、外国人もいないしすっごい静かな町でね。

ベッドタウン的で他人に無関心な雰囲気だから逃げ切れると思ったんだろうな

cha***** | 45分前
殺意なかったら切断はしないでしょ?

もしかして、過失傷害致死罪を狙ってるとか?

メタリオン | 55分前
言っている意味がわからない。

fbi | 54分前
殺人をおかした人達は必ず裁判で殺意は有りませんと言うけどね

***** | 1時間前
遺体を切断しておいて、ちょっと何言っているかわからない。

山本元柳斎重國 | 1時間前
切断とか平気でできる人を信じられない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

まとめ作者