2018年06月05日更新
西郷どん 20話 桜田門外の変

NHK大河ドラマ『西郷どん』第20話感想まとめ、桜田門外の変

1分に満たない桜田門外の変とか驚きを隠せなかった

294
0

NHK大河ドラマ『西郷どん』第20話感想まとめ、桜田門外の変

あらすじ 5月27日放送分(第20話)
 吉之助(鈴木亮平)はとぅま(二階堂ふみ)と共に島で生きていくことを決意する。薩摩では斉興(鹿賀丈史)が亡くなり、斉彬の異母弟の久光(青木崇高)が国父として藩の権力を握ることになる。正助(瑛太)は久光に急接近し、少しずつ久光の信頼を得ていく。だが、有馬新七(増田修一朗)ら精忠組の過激派は、正助のやり方が気に入らず、対立を深めていた。そんな時、井伊(佐野史郎)が桜田門外で命を落とす。
引用元:tv.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者