【平昌五輪】スピードスケート男子マススタート ウイリアムソン師円選手11位、入賞ならず

日本からはウイリアムソン師円選手、土屋良輔 選手の2人が出場。ウイリアムソン師円選手決勝進出、土屋選手は準決勝敗退。

124
0

平昌オリンピック新種目マススタートって?

初心者にもわかるスケートの競技ルール&見どころ!

2/16(金) 20:03配信 講談社 JOSEISHI.NET

平昌オリンピック新種目マススタートって?


【マススタートとは?】

チームで戦う個人種目といわれるスピードスケートマススタート。マススタートとは集団スタートのことで、選手がマラソンのスタートのように同時にスタートし、シングルトラックで滑走する競技。
1周約400mを16周滑走し獲得ポイントでの順位を争います。危険防止のため、最初の周回は加速が禁止というルールがあります。獲得ポイントは4周ごとの順位でポイントが加算されます。

【1】 4、8、12周の1位~3位までにそれぞれ5、3、1ポイントの中間ポイントが加算される
【2】 ゴール順の1位~3位にファイナルポイントとしてそれぞれ60、40、20ポイント加算。中間ポイントとファイナルポイントの合計で順位が決定します。

というわけで、ファイナルポイントが高いため、中間ポイントで高いポイントを獲得していようが、最終的に1着でゴールした選手の勝ちとなります。

難しいですね! 頭を使う競技のようで、スケート技術の他に駆け引き力やレース展開を読む力も必要になってくるようです。何が起こるかわかりません!



引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者