長洲未来(米国)、五輪で史上3人目のトリプルアクセル成功、伊藤みどり、浅田真央に次ぐ

「平昌五輪・フィギュアスケート団体・女子フリー」(12日、江陵アイスアリーナ)で24歳の長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。

408
0
長洲未来、真央見て始めたトリプルアクセル 五輪で3人目成功「うれしい気持ちしかない」

2/12(月) 12:59配信 デイリースポーツ


 「平昌五輪・フィギュアスケート団体・女子フリー」(12日、江陵アイスアリーナ)

 バンクーバー五輪代表で24歳の長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功した。

五輪での成功者は伊藤みどり、浅田真央に続く3人目。

長洲は「うれしい気持ちしかない」と満面の笑みを浮かべた。

会心の演技だった。

演技冒頭、長い助走から踏み切ると、3回転半を回って美しく着氷。

夢見た舞台で、1・57点もの加点がつく出来栄えで大技を成功させた。

その後も完璧な演技を見せ、フィニッシュポーズと同時に両手を握って雄たけび。

チームメートからも大きな声援を受け「楽しくて、うれしかった」と振り返った。

トリプルアクセルに憧れたのは8年前。五輪の舞台で見た、浅田真央さんの美しいジャンプだった。

「すごいと思った。五輪の舞台でプレッシャーがかかってるのに、きれいに決めた。それを見て、自分もそういうすごいジャンプをやりたいと思った」

 ロサンゼルスですし店を営む日本人の両親から生まれ、5歳で競技を始めた。

14歳で全米女王となり、10年バンクーバー五輪は4位入賞を果たしたものの、その後伸び悩みの時期も経験した。

その頃から始めたトリプルアクセルの練習。

昨年8月に浅田真央さんが座長を務めるアイスショー「THE ICE」に出演した際には、浅田さんから「これなら跳べるんじゃない?」と背中を押された。

 五輪の舞台で、憧れてきた大技を決め「うれしい気持ちしかない」と長洲。

個人戦へ向けても「また1からやって、100%で出たい」と力強く話した。
引用元:デイリースポーツ

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンターテイメントの新着

アクセスランキング

【文春砲】乃木坂46西野七瀬(なーちゃん)がディレクターを自宅にお持ち帰り お泊りデート

【訃報】立花の菊リン・石井博泰さんが51歳の若さでお亡くなりになられました【ビーバップハイスクール】

ビー・バップ・ハイスクールで立花の菊リンを演じられた石井博泰さんがお亡くなりにな...

【文春砲】乃木坂の西野七瀬さんがディレクターを自宅にお持ち帰り「イニエスタが日本に来る並の衝撃」

しかもお泊まりデート×2

BABYMETALからYUIMETAL(水野由結)がバンド脱退!?2018年海外ツアー参加せず!

日本だけでなく世界各国で注目されているBABYMETAL(ベビーメタル)のメンバ...

藤井聡太の昇段条件まとめ 七段から八段へ 随時更新

竜王戦連続昇級を達成し、七段昇段を果たした藤井聡太くんですが、「七段でいるのはい...

【謎の技術】NHK「チコちゃんに叱られる」のチコちゃん、人形っぽい表情が変わる。どうなってるの?の声

中の人はキム兄こと木村祐一らしいですね。ボーっと生きてんじゃねえよ!がキメセリフ...

まとめ作者