【全文画像】リハビリ中のケンタロウが『男子ごはん』へ10周年お祝いメッセージ 自筆の署名が泣ける

国分太一、感激

807
0
リハビリ中のケンタロウ氏の手紙に国分太一が感激「これからもケンタロウさんと3人で…」

4/22(日) 13:42配信 オリコン


 2012年にオートバイの交通事故で重傷を負い、現在もリハビリ中の料理研究家・ケンタロウ氏(45)が、かつてレギュラー出演していたテレビ東京『男子ごはん』(毎週日曜 前11:25)の10周年スペシャルに手紙を寄せた。


 番組開始から4年にわたってTOKIOの国分太一のパートナーとして出演していたケンタロウ氏。

事故後は長期にわたる治療に専念するため番組を降板し、料理研究家の栗原心平氏がレギュラーとなった。

 番組10周年を記念した公開収録に合わせて寄せられた手紙の冒頭、ケンタロウ氏は「太一くん、心平ちゃん、男子ごはんスタッフの皆さん、10周年おめでとうございます」と祝福し、「勝手に事故ってごめん。太一くん10周年ありがとう。心平ちゃん途中からごめんね」と謝罪した。

 続けて「気がついたら6年もたっちゃったけど、残念ながらまだ短パン男子にチューニングが合っていないんだ」と自身の状況を説明しながら、「今やすっかりテレビの向こう側の人とこっち側の人って関係だけれど、二人の男子ごはんをテレビで見られてうれしい。これからもおいしい物をたくさん作ってください。おいしい物を作って食べるのが全てですから」とエールを送った。

 手紙は「絶賛リハビリ中」と締めくくり、直筆のサインが添えられた。

手紙を読み上げた国分は感激の表情を浮かべながら「今後ともケンタロウさんと一緒に3人で頑張っていきますので、よろしくお願いいたします」と頭を下げると、会場の観客から大きな拍手が寄せられた。

 放送直後からSNSでも「ケンタロウ」がトレンドワードとなり「ケンタロウさんの手紙に泣けた」「日曜の昼からウルっとしてしまった…」「手紙にはジーンと来てしまった」「ケンタロウさんの事故があってから番組を見られなかったけど、お手紙があったそうでうれしい」など感動のコメントが多数寄せられている。


引用元:オリコン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者