2018年09月18日更新
義母と娘のブルース 最終回 感想

TBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』第10話最終回 感想

9月18日放送

547
0

TBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』第10話最終回 感想

あらすじ (第10話)

【最終回】

 麦田(佐藤健)が亜希子(綾瀬はるか)へ思いを告白。

同じ頃、亜希子は良一(竹野内豊)の元上司・笠原(浅野和之)から連絡を受けていた。

やがて迎えたみゆき(上白石萌歌)の大学受験の日。

第1志望の大学を受けるみゆきを送った後、亜希子は笠原と接触する。

笠原は、亜希子にヘッドハンティングの話を持ち掛けてきた。

それは願ってもない話だったが、勤務地は大阪。

みゆきと離れたくない亜希子は申し出を断るが、直後、過労で倒れてしまう。

引用元:tv.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者