臨床検査技師が語る、星野仙一氏が闘った「すい臓がん」は「最も恐ろしいがん」

2016年の死亡数が多い部位は 男性で1位肺がん、2位胃がん、3位大腸がん、4位肝臓かん、5位膵臓がん、 女性で1位大腸がん、2位肺がん、3位膵臓がん、4位胃がん、5位乳がん。

431
0
闘将・星野仙一監督が闘った「膵臓がん」は「最も恐ろしいがん」である。

柳田絵美衣 | 臨床検査技師(ゲノム・病理検査)、国際細胞検査士

1/6(土) 9:30


星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 

星野仙一という偉大な男が闘った膵臓がんは

「最も恐ろしいがん」といわれている

膵臓がんは診断時に、腹痛や腰背部痛といった痛みが現れていることが多い。

膵臓がんと新たに診断される人数は、やや男性に多い傾向にある。

膵臓がんは年齢別では、60歳ごろから増え、高齢になるほど多くなる。



引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

街の声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

健康の新着

【貧困社会】低所得世帯、高校1年生の3人に1人がアルバイト 塾や習い事諦めた7割

お金の世界、アルバイト、労働と勉強、奴隷、貧困、教育、高校生活...

【恐竜学部?】恐竜王国福井、古生物学関係の学部新設へ 福井県立大

福井県立大は15日、恐竜を中心に学ぶ古生物学関係の学部を新設する方針を明らかにし...

【悲報】ドラゴンズ三塁コーチの奈良原浩、また判断ミスで負け「壊れた信号機」と竜ファン激怒

これでもサムライジャパンでコーチ

【大丈夫?】名脇役・志賀廣太郎が激ヤセ!本人は重病説を否定もファンからは心配の声

ここ5年の間にドラマ42作品、映画16作品に出演する名バイプレーヤー・志賀廣太郎...

Mr.サンデー 小島容疑者は当事者を追いつめていく「社会的監禁」の側面が強かったか

新幹線殺傷事件、発達障害、小島容疑者は「社会的監禁」の側面が強かった? ネットで...

【新幹線殺傷事件】新幹線のシートを外して盾替わりに・・・観光バスや高速バスの座席も外れる模様

外し方・やり方は前側下から持ち上げると外すことが出来る模様。(乗り物によって変わ...

アクセスランキング

まとめ作者