2018年10月12日更新
昭和元禄落語心中 第1回 感想

NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』第1回 感想

総合・2018年10月12日(金)よる10時 再放送/総合・2018年10月17日(水)午前1時30分(火曜深夜)

1065
0
第1回「約束」

総合・2018年10月12日(金)よる10時

再放送/総合・2018年10月17日(水)午前1時30分(火曜深夜)

昭和50年代。

「昭和最後の名人」である落語家・有楽亭八雲(岡田将生)は、「弟子を取らない」と有名だった。

しかし刑務所帰りの青年・与太郎(竜星涼)が、なぜか弟子入りを許された。

八雲の家に住み込み、修行を始めた与太郎は、八雲とその養女・小夏(成海璃子)の深刻な不仲を知る。

小夏の実の父は、やはり落語家だった有楽亭助六(山崎育三郎)で、母の芸者みよ吉(大政絢)とともに、昭和30年代に謎めいた事故死を遂げていた…。


引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者