2018年04月28日更新
有吉反省会 紗蘭 靴下のにおい

日テレ『有吉反省会』モデルの紗蘭ちゃんはおじさんの靴下のにおいが大好き⁉

有吉「売名ならここまでで十分だよ」

170
0
にこるん“親友”の紗蘭、おじさんの靴下に大興奮「嗅がずにはいられない」

4/27(金) 16:00配信 オリコン


モデルの紗蘭が、28日放送の日本テレビ系『有吉反省会』(毎週土曜日 後11:30)に出演。

藤田ニコルの親友であり、10代からも絶大な人気を集める紗蘭だが、実は「おじさんの靴下の臭いが好きすぎて嗅がずにはいられない」ことを反省する…はずが、結局スタジオでも靴下の臭いを嗅いで大暴走。

「売名ならここまでで十分だよ」と有吉が止に入るも「全然!!」と構わず四つん這いになって臭いを嗅ぐ紗蘭にスタジオは、観客の悲鳴に包まれる。


普段からSNSで「興奮しました」のコメントと共におじさんの靴下の写真をアップする紗蘭は「おじさんの人生が染み込んでいて、感動する」とその魅力を主張。

マネージャーは、紗蘭が取引先の重役に対して臭いを嗅ぎに行くのではないかと危惧しており「商談が破断したらいやだからやめていただきたい」と頭を悩ませているそう。

 しかしそんな心配を意に介さず紗蘭は「嗅ぐとその方のきょう一日頑張ったんだなという思いが伝わってきて感動する」と熱弁。

「外見とは関係ない。くさいとかじゃなく、頑張っているなと思う」と、こだわりを語り、一番最高な匂いは、「くさった納豆にレモンを絞ったような“つーんとした匂い“」。

その発言を聞いたスタジオの指原莉乃を、「バラエティー番組で嗅げと言われても絶対いや」とドン引きさせる。


 そして有吉が「このスタジオで嗅ぎたい人はいる?」と尋ねられた紗蘭はあるおじさんスタッフを指名。

さらに、今度はスタジオにいる武蔵の靴下を嗅ぐと、「さっきより良い!」と興奮した様子。

それを聞いた武蔵は思わず「それって(さっきより)臭いってこと!?」と声を荒げてしまう。

逆に武蔵から靴下を嗅がれた紗蘭だったが、武蔵も紗蘭同様に「お疲れ様でした」と言い残すのだった。


引用元:オリコン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【長洲町議会議員選挙の速報2021】開票結果と立候補者の情勢

長洲町議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年9月26日)と、...

【豊能町議会議員選挙の速報2021】開票結果と立候補者の情勢

豊能町議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年9月26日)と、...

【お手柄】80代女性、特殊詐欺にダマされたフリで犯人逮捕に協力 通算3度目の感謝状授与へ

特殊詐欺事件では『だまされたフリ作戦』がキッカケで逮捕される容疑者は少なくない。...

【悲報】本名が「ハリー・ポッター」さん、みんなから信じてもらえず生まれてから苦労が相次ぐ

あるイギリス人男性が、自分の名前を誰も信じてくれず、25年間にわたり苦労している...

【富士河口湖町議会議員選挙の速報2021】開票結果と立候補者の情勢

富士河口湖町議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年9月26日...

【大仙市議会議員選挙の速報2021】開票結果と立候補者の情勢

大仙市議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年9月26日)と、...

アクセスランキング

【放送事故】スッキリに「LONGMAN」出演 「なんだこれ?」「下手過ぎ」と視聴者の心が一つに

9月のマンスリーMC:もう中学生。 今日のテーマは、タメになるエンタメSP。 こ...

【話題】漫画「妻の飯がマズくて離婚したい」逆ギレするメシマズ嫁、甲斐性のない夫 悪いのはどっち?

価値観の違いから、夫婦間のバトルに発展することも少なくないかもしれません。 アツ...

元女子レスラー・風間ルミさん急死 55歳 8月末に持病の子宮内膜症をツイート

ジャパン女子プロレス、LLPWなどで活躍した元女子プロレスラーの風間ルミさん(本...

【炎上】売れ残った甲斐犬をクラファンで引き取りたい→金ないなら飼うなと批判され都合の悪い人は即ブロ

甲斐犬 龍馬 @kaiken_ryoumaさんのツイートが話題です。それに関す...

【事故】東京台東区 蔵前橋通り 蔵前一丁目交差点で事故発生!「トラックの下敷き、めっちゃ血出てた」

2021年9月22日(水曜)東京台東区 蔵前橋通りで事故が発生した模様です。 T...

【人身事故】阪急京都線 東向日駅~洛西口駅間で人身事故「ブルーシートで覆われてる」

近鉄橿原線 新ノ口~大和八木駅間で人身事故 が発生しました。 現在運転の運転見合...

まとめ作者