2018年06月28日更新
IT講師 刺殺 容疑者父

【福岡市IT講師刺殺事件】「息子さんを留置しました。容疑は殺人です」 容疑者父、苦しい胸中語る 

6月28日

143
0
「『ばか野郎』と叱りたい」IT講師刺殺の容疑者父 仕事辞め途切れた会話…苦しい胸中語る

6/28(木) 9:44配信 西日本新聞


 「真面目で優しい子だったはずなのに…。いまだに信じられない」。福岡市中央区大名2丁目の創業支援施設で、IT関連セミナー講師で東京都の会社員岡本顕一郎さん(41)が刺殺された事件で、殺人容疑などで逮捕された同市東区、無職松本英光容疑者(42)の父親(68)が27日、熊本県天草市の自宅で西日本新聞の取材に応じ、苦しい胸中を語った。


 「息子さんを留置しました。容疑は殺人です」。

事件発生の翌日、福岡県警からの連絡で息子の逮捕を知った。

言われるがまま着替えを持って留置先の福岡中央署に向かった。

「いきなり殺人と言われ、頭が真っ白になった」


中学時代から成績は良く、真面目で読書好き

 松本容疑者は高校まで天草市の実家で過ごし、九州大学に進学、福岡市内で1人暮らしを始めた。

真面目で読書好き。

中学時代から成績は良く、当時から九大を目指していた。

「地元で九大に進学する生徒は少ない。合格した時は本当にうれしかった」と当時を振り返る。


 中学ではソフトテニス、高校では剣道に打ち込んだ。

中学の同級生は「おとなしくて真面目だった印象しかない。殺人事件を起こしたなんて信じられない」と口をそろえる。


突然の退職、「次を見つけて働けよ」と励ますのが精いっぱい


 8年間在籍した大学ではイスラム文学や中国文学を学んだ。在学中の2000年から福岡県内のラーメンの製麺工場でアルバイトを続け、08年には正社員に。

 「仕事ぶりは真面目だった」(同工場)。

しかし12年に突然、一身上の都合を理由に退職する。

父親は退職したことを周囲から知らされた。

本人には理由を聞けず「次を見つけて働けよ」と励ますのが精いっぱいだったという。

 それ以降、電話に一切出なくなった。

連絡を交わすのは月1回の携帯メールのみ。

「『元気か』『大丈夫か』と尋ねても、いつも『元気よ』の一言だけ。それでも生きてくれさえいればいいと思っていた」


 立ち直るのを信じ、アパートの家賃代として月3万6千円の仕送りを2年間続けた。

最後に会ったのは昨年5月。

心配になって自宅アパートを訪れ、一緒に食事をした。

ネットで他人への誹謗(ひぼう)中傷を繰り返していたことは「全然知らなかった」という。

 「会ったら『ばか野郎』と叱りたい。なんで人を殺してしまったのか。被害者には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と声を詰まらせた。



■2時間超待ち伏せか

 福岡市中央区の創業支援施設で、IT関連セミナーの講師をしていた男性を殺害した疑いで逮捕された松本英光容疑者(42)が事件の2時間以上前から施設内で待ち伏せしていた疑いがあることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、殺害された東京都の会社員岡本顕一郎さん(41)は事件当日の24日、施設の1階会議室でセミナーを開催。少なくともセミナーが始まった午後5時半ごろには、松本容疑者が施設内をうろつく姿が防犯カメラの映像に写っていたという。

「トイレで用を足しているところを刺した」
 福岡中央署の調べに、松本容疑者は「会議室から被害男性に付いていき、トイレで用を足しているところを刺した」と供述。松本容疑者はセミナー終了直後の午後8時ごろ、トイレに入った岡本さんを背後から襲っており、署は待ち伏せして犯行の機会をうかがっていたとみている。

 岡本さんの上半身には十数カ所の刺し傷があり、一部は首と胸を貫通していた。凶器は刃渡り約16・5センチのレンジャーナイフで、松本容疑者は「格好良いし、サバイバル用に以前から持っていた」と話しているという。

 一方、署は27日、松本容疑者を立ち会わせて同市東区の自宅アパートを捜索。「ネット上(のやりとり)で恨んでいた」と供述していることから、押収したパソコンを解析するなどして殺害に至った詳しい経緯について調べる。


=2018/06/28付 西日本新聞朝刊=
引用元:西日本新聞

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者