2018年06月05日更新
水泳 古賀淳也 ドーピング

【競泳・背泳ぎ】古賀淳也ドーピング違反、今夏のアジア大会代表取り消し、「意図的ではない」と会見

 日本水泳連盟は23日、競泳男子50メートル背泳ぎ日本記録保持者の古賀淳也(30)=第一三共=が、今年3月に受けたドーピング検査で陽性となり、国際連盟から暫定的に資格停止処分を受けたことを発表した。

148
0

【競泳・背泳ぎ】古賀淳也ドーピング違反、今夏のアジア大会代表取り消し、「意図的ではない」と会見

ドーピング違反の競泳・古賀淳也「意図的ではない」サプリメントに混入か

2018年5月23日 17時11分 デイリースポーツ

 日本水泳連盟は23日、競泳男子50メートル背泳ぎ日本記録保持者の古賀淳也(30)=第一三共=が、今年3月に受けたドーピング検査で陽性となり、国際連盟から暫定的に資格停止処分を受けたことを発表した。

期間は5月15日から原則的に4年間で、今夏のアジア大会(ジャカルタ)代表も取り消しとなった。

 都内で記者会見を行った古賀は「(禁止薬物を)意図的に採ったことは一切ない」と主張し、「信じられない。4月に最初に報告を受けた時、間違いじゃないかと思った。日を追うごとに現実なのか夢なのかと。ショックが大きかった。自分自身ドーピングに対して厳しく考えていたので、自分から禁止物質が出たことは恥ずかしい気持ち、情けない気持ち、悔しさが強い」とショックを隠せない様子だった。

 検出された禁止薬物は「LGD-4033」で、体内でのタンパク質生成を助ける効果がある。古賀側によれば、過去に46回検査を受けているが、陽性が出たのは3月2日の1回のみ。

その後の4月9日、14日の検査では陰性となっている。

 古賀は5年ほど前から自身で成分を調べて5種類ほどのサプリメントを使用していたが、今回何らかの理由で禁止物質が混入した可能性があるという。

今年2月から3月頃には、ある専門家からもらったリストに載っていたサプリメントを初めて使用していたが、「体調が悪くなったので自発的にやめた」と明かした。

 今後は、国際連盟のヒアリングに出席し、経緯を説明する。

意図的な使用でないことを立証すれば、資格停止は2年間に短縮される。

また、検出された禁止物質が汚染製品に由来するもので、古賀側に過失がないことを立証できた場合は、さらに短縮される可能性もある。

 古賀は50メートル背泳ぎの第一人者で、09年世界選手権で金メダルを獲得。

16年リオデジャネイロ五輪にはリレー代表で出場した。

昨年の世界選手権で銀メダルを獲得するなど活躍。

今年4月の日本選手権でも優勝し、代表権を獲得していた。



引用元:デイリースポーツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

ちょっと哲学的なアメリカンジョーク集

哲学的過ぎるとちょっとシュールになりがちな、はたまたネタに走ったかのような逸話が...

相模線 番田駅で車両故障により上下線で運転見合わせ&電車遅延 8/14

相模線でダイヤに乱れ 8/14

【事故】東北道下り 羽生PA~館林IC 利根川橋付近で自動車の多重事故により渋滞 8/14

東北道で羽生~館林間で事故

【事故】天神1丁目 渡辺通4丁目交差点付近で自転車とタクシーの人身事故 8/14

福岡県福岡市中央区天神で自転車とタクシーの事故

【車両火災事故】豊田市上野町6丁目南交差点付近で乗用車が炎上する火事 8/13

愛知県豊田市で車両火災 8/13

小田急小田原線 海老名駅で人身事故 「車輪にブルーシート。目の前で片付け中」8/13

小田急線で人身事故

アクセスランキング

まとめ作者