2017年11月09日更新
グルメ 野菜 アスパラガス

おいしい欧風お野菜アスパラガス

近年食の欧米化とともに日本にも定着しつつある西洋野菜のアスパラガスグルメのご紹介。

2781
1

アスパラガスとは

画像を拡大

アスパラガス(竜髭菜、Asparagus spp.)とは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではキジカクシ科に属し、雌雄異株である。
葉のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝した茎であり、本来の葉は鱗片状に退化している。

出典:www.nayuta1986.com
画像を拡大

アスパラガスという和名はキジカクシ属植物の複数種の総称で、中でも最もよくこの名で呼ばれるのは、栽培作物のアスパラガス(A. officinalis)である。原産は地中海東部。和名はオランダキジカクシ(阿蘭陀(和蘭)雉隠)、オランダウド(阿蘭陀(和蘭)独活)、マツバウド(松葉独活)といい成長すると細かく切れた葉に見える枝がキジが隠れることができるほど生い茂ることに由来する。漢名を石刁柏(せきちょうはく)というが、石勺柏や石刀柏と表記するのは誤りである。また、アスパラと略称される。

出典:club.panasonic.jp
画像を拡大

江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にもたらされたが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代からで、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであった。その後国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となった。現在では生のホワイトアスパラガスや調理しやすいミニアスパラガスなどが店頭に並んでいる。アスパラガスを食べたあとの尿に強い臭いを感じる人もいるが、これはアスパラガスに含まれる代謝物質によるもので害はない。

出典:syouhikigen.com
画像を拡大

本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長し低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫する。長さが25cmくらいに伸びた柔らかい茎を食用とする。土寄せして軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)といい、それに対して土寄せせずに普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスという。

出典:www.kagome.co.jp
画像を拡大

調理法として茹でる、炒める、焼くの方法があり茹でたあと冷ましてサラダにしたりできる。また基本的に皮が固いことが多いので、ゆでる前に皮をむく必要がある。ゆでる際はむいた皮を一緒にゆでると風味が良くなるといわれている。 冷蔵庫では濡れた新聞紙等で包み乾燥を防止し立てて保存すると、鮮度と味を維持できる。

出典:www.tokyo-gluttons.jp
出展:Youtube

アスパラガスの下処理

アスパラガスを調理する前にチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

評価・評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グルメの新着

イタリア料理の定番で香り高くおいしいバジル

イタリア料理で定番、人気の香草、バジルを用いたおいしい料理の数々ご紹介。...

おかずのクッキング 土井先生がトナカイ姿に扮しまるで平野レミの番組のようだと話題「土井先生かわいい」

ツイートがおかずのクッキングのことばかり

天ぷらとごはんをおいしく食べる天丼

熱々揚げたて天ぷらをごはんに乗せて楽しむ最高の丼物の天丼紹介です。...

カレーとごはんのうまみの融合ドライカレー

カレーがごはんに染み込み、味が一体化した旨さを奏でるドライカレーのご紹介。...

佐賀市の街おこしご当地グルメにもなったシシリアンライス

オシャレさ、手軽さで家庭に定着している佐賀市のご当地グルメのシシリアンライスの紹...

日本人の大好きなうま過ぎ魚卵のひとつたらこ

プチプチとした食感や旨味がごはんによく合い日本人に古くから愛され続けるたらこのグ...

アクセスランキング

まとめ作者