2018年01月14日更新
センター試験 日本史B 解答速報

【2018センター試験 解答速報】日本史B の解答・難易度|平成30年 大学入試センター試験

2018センター試験 日本史Bの各予備校の講評・問題文・解答のまとめやリンクです。 解答速報!!今後合格ラインなども更新します。

8791
0

2018センター試験 日本史B

各予備校のセンター試験の日本史Bの講評

代々木ゼミナール

時代別では、原始から戦後を含み全体的にバランスがとれていたが、近世初期は中世史とともに出題された。分野別では、社会経済・文化史的な問題がやや増加した。設問内容では、写真点数は減少したが、史料問題と合わせれば昨年度と問題数に変化はなく、いずれも内容理解を重視したものであった。
引用元:sokuho.yozemi.ac.jp(引用元へはこちらから)

河合塾


図版を利用した年代配列問題や統計資料を利用した問題がみられなかった。

昨年・一昨年度に続き、今年度も現行課程の特徴である「歴史の解釈・歴史の説明」などを意識した出題はみられなかった。
第1問の問題文は、3年ぶりに会話形式が復活した。歴史学科を卒業したある自治体の観光課の新入職員とその先輩との会話、という設定であった。
例年通り、地図を利用した問題や史料の読解問題がみられた。
昨年度みられなかった戦後史単独の設問が2問出題され、時期の下限も1950年代から70年代になった。
難易度 昨年並み
小問間の難易度の差はあるものの、全体的には標準レベルの問題である。受験生が苦手とする文化史や戦後史が微増したが、多くの受験生が比較的苦手とする年代配列問題が減少したことなどから、昨年度に比べ大きな変化はない。

引用元:kaisoku.kawai-juku.ac.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東進ハイスクール

大問数、設問数、マーク数に変化なし。第6問は2015年度ぶりに人物史で、戦前からジャーナリストとして活動し、戦後は首相にもなった石橋湛山が題材。 
引用元:www.toshin.com(引用元へはこちらから)

駿台・ベネッセ

政治史・社会経済史を中心に、バランスよく問われた。昨年は現代史のみの独立した設問はなかったが、今年は2問出題された。
引用元:dn-sundai.benesse.ne.jp(引用元へはこちらから)

解答速報

受験生による解答速報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

アクセスランキング

まとめ作者