2020年02月08日更新
Xbox 任天堂 ソニー

「Xboxの競合はGoogleとアマゾン」任天堂やソニーはもはや場違い・がネットで話題に

年末にも次世代機 Xbox Series X とプレイステーション5 の真っ向勝負を控えるマイクロソフトのゲーム部門責任者フィル・スペンサーが、Xboxにとってのライバルはもはやソニーや任天堂ではなく、Google とアマゾンになるだろうと語ったインタビューが話題を呼んでいます。

276
0
年末にも次世代機 Xbox Series X とプレイステーション5 の真っ向勝負を控えるマイクロソフトのゲーム部門責任者フィル・スペンサーが、Xboxにとってのライバルはもはやソニーや任天堂ではなく、Google とアマゾンになるだろうと語ったインタビューが話題を呼んでいます
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)
Xbox といえば2001年発売の初代以来、任天堂とソニーのゲーム機をライバルに争ってきた製品です。(誕生直後は、セガのドリームキャスト末期とわずかにかぶりますが)。

特に現行の Xbox One は、開発段階で方針が混乱していたために、夢と思惑の詰まった未来インターフェース Kinect を無理やり標準搭載した結果、ライバルのPS4よりも100ドル高いうえに基本性能が低く、肝心の Kinect も普及初期に重要なゲーマー向けの差別化コンテンツがないまま年末商戦に挑み、本国の米国ですら劣勢というひどい世代でした。

来たるべきPS5相手に巻き返しを狙うべき次世代機 Xbox Series X を前にしたタイミングで、「ソニーや任天堂はもはやライバルではない」と発言を切り出せば、もはや懐かしいゲーム機会社の幹部同士のマイクパフォーマンス合戦のようでもあり、見捨てられたような日本市場の現状からはむしろXboxの存在感がなさすぎてライバルにすらならないという意味にも聞こえます。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)
この発言は、マイクロソフトのゲーム部門責任者であるフィル・スペンサーが、2020年以降のビデオゲーム市場と戦略について、リンク先 Protocol のインタビューのなかで語ったもの。

文脈としては、世界的なゲーム市場がかつてなく拡大し、ゲーム専用機だけでなくスマートフォンなどプラットフォームも多様化するなかで、ゲーム機やゲーミングPCを買うようなゲーマーだけでなく、もっと多くの人々により豊かなゲームを届けるためにはクラウドゲーミングがますます重要になる、その競争でマイクロソフトが戦ってゆかねばならないのは自前のクラウド基盤を持つ Google と Amazon になる、といった内容です。

マイクロソフトは Office 365 や Outlook、Skype、OneDriveを始め、本業のビジネスのために Azure クラウド基盤を築いており、そのうえでストリーミングゲームの Project xCloud を動かしています。

Google は今のところ限定的なサービスながら Stadia でストリーミングゲームに参入済み。アマゾンのゲーム戦略は外から分かりにくいものの、すでにゲーム動画配信最大手の Twitch を手中に収めており、年内にも独自の ストリーミングゲームサービスを開始するのではという推測もあります。

フィル・スペンサーはもともとゲームコンテンツ開発側の出身で、各国のスタジオと交渉を続けてきた立場もあり、ライバルではない扱いをしたソニー・任天堂に対しても非常に丁寧にリスペクトを表明しつつの発言です。

「任天堂とソニーには多大な敬意を払っていますが、(マイクロソフトのゲーム事業にとって) 今後の主な競合相手はアマゾンとGoogleだと考えています」「任天堂とソニーを見下すというわけではなく、そうした伝統的なゲーム機の会社は、いうなれば場違いになっているということです」。任天堂やソニーもAzure のようなクラウドを後から作ろうとすることはできるだろうが、マイクロソフトは長年に渡って兆円単位をクラウドに注ぎ込んできた、と続けます。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)
実際、クラウドやサーバ技術はストリーミングゲームだけでなく多くのゲームで欠かせない存在となっていますが、古くからストリーミングゲームを正式なサービス PlayStation Now として提供してきたソニーも、クラウドについてはマイクロソフトとの戦略的提携を結び、Azureの「お客さん」となることを発表しています。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)

ソニーとMS、クラウドゲーミングで提携。PS4のDL速度もアップ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィル・スペンサーといえば、「世界一売れたゲーム」こと Minecraft の買収と、マイクロソフト傘下になってからもスマホや他社ゲーム機を含めたマルチプラットフォーム展開で成功させたことが大きな功績。

プレイステーション4が長年の鎖国体制から他社プラットフォームとのクロスプレイ解禁に踏み切った流れには、マインクラフトをはじめフォーマットを超えたプレイに積極的なマイクロソフトの姿勢も大きな役割を果たしています。(フォートナイトで我が世の春を謳歌するEpicの存在も多大ですが)。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)
こうしたクロスプレイについての発言は、「アマゾンやGoogleは世界70億人にゲームを拡大することに注力しているというのに、ソニーや任天堂とフォーマット戦争で喧嘩などしていられない」「究極的には、世界中の人にゲームを届けることが目的だ」。


「ウチはクラウドあるから勝てる」発言は、負け戦だった Xbox One 時代にも聞いた気がしますが、それはそれとして、Xbox Series X が備えるというクラウドゲーミング最適化機能の実態や、根強い「ニンテンドースイッチで xCloud のゲームが動く」うわさの続報が気になるところです。

なおリンク先の Protocol の記事は、マイクロソフトだけでなく、Google, Amazon, Facebook, Apple について、新しい時代のゲーミング事業への取り組みを分かりやすく概観しています。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)

PS4版マインクラフトがクロスプレイ対応。スイッチ・スマホ・XboxやPCと一緒に遊べます🎉

出展:Youtube

Minecraft is Better Together – Bedrock Version on PlayStation 4

Bedrock is coming to PlayStation 4! That means PlayStation players will get all the future updates, access to Minecraft Marketplace, and cross-play with Nintendo ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC / インターネットの新着

NECの新作PCが低スぺで炎上 Celeron・4GB RAM・officeなしで98800円

・NECパーソナルコンピュータ株式会社(NEC PC)は、小型デスクトップパソコ...

【障害】Paypayによるキャッシュレス清算が出来ないと報告が相次ぐ

ただいまシステム障害によりPayPayが利用できない場合があります。 復旧まで今...

【iOS】ios14.1が公開 アップデート報告 不具合は? みんなの報告まとめ

Appleは、「ios14.1」のアップデート配信を開始しました。 アップデート...

iPad版イラレがリリース(無料)! ネットでの評判は? みんなの反応まとめ

AdobeはApp Storeにおいて、iPad版のIllustratorの先行...

【サイバー攻撃】ロシアが東京五輪の妨害工作? イギリスが阻止したと話題に

英紙タイムズ電子版は19日、サイバー攻撃を通じて東京五輪の妨害を狙ったロシアの計...

【広告ブロック】Nano Defenderのコードが変更されマルウェアに 

有名な広告ブロック機能拡張であるNanoAdblockerとNanoDefend...

アクセスランキング

【画像】鬼滅の刃第2回人気投票結果が発表!総投票数13万票、善逸1位、富岡2位、村田25位

週刊少年ジャンプで行われた 鬼滅の刃第2回人気投票結果が話題になっています。それ...

【悲報】仙台育英の「来年のドラ1候補」2年生・笹倉世凪くん、自主退学か 週刊ポスト報道

今年は夏の甲子園が中止となったため、10月26日のドラフト会議では「スーパー高校...

【解答速報】2020年10月 給水装置工事主任技術者試験 解答発表!「今年は殺しにきてる」

2020年10月に行われる給水装置工事主任技術者の合格基準、解答速報、受験生の感...

【炎上】ドラフトに楽天入りした早川選手(千葉出身)、千葉ロッテファンから入団拒否しろコール

ああ今回のドラフトで最大の目玉とされていた早大の155キロ左腕・早川隆久投手(2...

ユニクロ・エアリズムマスクの裏表を間違える人が続出「ロゴが内側なのね…」

ユニクロ・エアリズムマスクを入手できた人がSNSに写真投稿していますが、裏表を間...

つくば市議会議員選挙 「勝手につくば大使」さんが当選してしまう

つくば市議会議員選挙が話題になっています。それに関するツイッター上のユーザから複...

まとめ作者