関東「大雪の方程式」がよくわからないけど実に面白い!寒気、海流など条件合致で成立!

「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α

143
0
東京都心を含む関東地方平野部の広い範囲で、この冬初めての本格的な雪になった。日本の天候に影響を及ぼす熱帯の海の状態や北極の寒気の動きが、関東などに雪をもたらしやすいパターンになっているのが原因だ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
米国東部やロシアの寒波とも関係している。「大雪の方程式」が成立する機会は今後も何度かありそうだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
関東に雪をもたらす一番の主役は、南岸沿いを発達しながら進む「南岸低気圧」だ。2014年2月に首都圏に記録的な大雪を降らせたのも南岸低気圧で、しかも発達の仕方が極めて急激な「爆弾低気圧」と呼ばれるものだった。低気圧に吹き込む空気の流れが、北の強い寒気を関東の沿岸部にまで引き寄せた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
今回の低気圧がこのときほど発達するかは微妙だが、天気図や上空の寒気の様子は似ている。降水量にして1時間に5~10ミリメートル程度になる見通しだ。雨だったら「やや強めに降っているな」くらいだが、気温0度近くで降る乾いた雪なら1時間に5~10センチメートルに相当し、みるみる積もる降り方だ。夜には強い風も伴うので吹雪のようになる恐れがあり、警戒が必要だ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
すべてを満たすのは結構大変だが、単純化すると「大雪の方程式」は次のように書ける。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+「黒潮大蛇行」+α
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
ただし、「+α」という変動部分があるのを忘れてはならない。ごくわずかな風の変化、地形の影響などが重なり、地上の気温が1、2度ぶれる。東京では気温が1度未満ならおおむね雪だが、2度程度だと雪の可能性は半減してしまう。ただ、日本を覆う今回の寒気は「+α」を考慮してもおつりがくるくらい強力で、雪のまま降り続く公算が大きい。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【社畜】今週に強行採決をする「定額働かせ放題法」はヤバイ? 24時間労働が可能らしい?その真実は?

働き方改革法案に含まれる高度プロフェッショナル制度について筆者が指摘。この制度で...

栄和人氏、パワハラ問題で常務理事を解任へ、6月23日の評議員会で最終決定

日本レスリング協会は20日、都内で臨時理事会を開いた

関越道でカルガモ親子の横断

渋滞でもほっこり

柏レイソルGK・中村航輔、頭から落下し現在病院で検査中 監督「意識ははっきりしていました」

ちょっと心配レベルどころ じゃない落ち方だった

【解答速報】平成30年測量士・測量士補試験!受験者の感想・合格基準点・合格率・難易度は?

平成30年測量士・測量士補試験解答速報です。

【TOEIC解答速報2018/5/20】第230回TOEIC解答速報「リスニングが過去最大の難易度」

試験後に解答などを随時更新

アクセスランキング

まとめ作者