2018年09月18日更新
Googleplay Points ゲーム

Google playでポイントプログラムを日本限定開始!課金が捗る?「すぐ到達しそう」などの声も

グーグルは9月18日、Google Playにおけるポイントプログラム「Google Play Points」を発表した。Google Playで対象アプリやゲーム、電子書籍、映画などをダウンロードすると、特定のポイントが付与されるというもの。課金ポイント お得 効率 ストア 利用方法

86
0

日本限定プログラム「Google Play Points」

“Google Play Points”とは、Google Play上で発生した決済に対してポイントを付与したり、指定されたアプリやゲームをダウンロードすることでポイントが獲得できるという新サービス。なお、このサービスは日本独自の新サービスとしてローンチされるという。
引用元:app.famitsu.com(引用元へはこちらから)
さらに、“Google Play Points”には全5段階からなるステータスが用意されており、決済で発生したポイントの累積量が一定値を上回るごとに、このステータスがランクアップしていくというシステムも実装されるとのこと。
引用元:app.famitsu.com(引用元へはこちらから)

・ブロンズ:初期段階。100円に付き、1ポイントが付与される。特典はなし。

・シルバー:累積ポイント250で昇格。消費金額100円に付き、1.25ポイントが付与されるようになるほか、アプリ内アイテムの取得に利用できる300円分のクレジットと、映画レンタル1本100円引き×1が利用可能になる。

・ゴールド:累積ポイント1000で昇格。消費金額100円に付き、1.5ポイントが付与されるようになるほか、アプリ内アイテムの取得に利用できる300円分のクレジットと、映画レンタル1本100円引き×2、電子書籍500円分のクレジット×2が利用可能になる。

・プラチナ:累積ポイント4000で昇格。消費金額100円に付き、1.75ポイントが付与されるようになるほか、アプリ内アイテムの取得に利用できるクレジット300円分×1、映画レンタル1本100円引き×4、電子書籍500円分のクレジット×4が利用可能になる。

・ダイヤモンド:累積ポイント15000で昇格。消費金額100円に付き、2ポイントが付与されるようになるほか、アプリ内アイテムの取得に利用できるクレジット300円分×2、映画レンタル1本100円引き×5、電子書籍500円分のクレジット×6が利用可能になる。

※ポイント付与の際に発生した小数点に関しては四捨五入で対応とのこと。

公式ブログ:Google Play Points のご紹介

Google Play では、ユーザーに楽しんでもらうための新しい体験の提供、および、デベロッパー プラットフォームに対して継続的な投資を行なっています。 このような取り組みの一環として、本日、Google Play Points という新しいプログラムを開始します。本プログラムは、Google Play をご利用いただいている日本のユーザー向けに感謝の気持ちを込めて開発されたものであり、本日より、数日かけて日本の Google Play ユーザーが利用できるようになります。
引用元:developers-jp.googleblog.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Google Play Points に参加したユーザーは、アプリやゲーム、音楽、映画や電子書籍をはじめとする Google Play におけるすべてのお支払いや、対象アプリのインストールなどでポイントを貯めることができます。ポイントは、Google Play クレジットに交換できる他、特定のゲームクーポンや、パズル&ドラゴンズの魔法石やモンスターストライクのオーブといったゲーム内アイテムなどに交換することができます。
引用元:developers-jp.googleblog.com(引用元へはこちらから)
本プログラムにデベロッパーとして参加するのは非常に簡単です。皆様が Google Play で公開しているアプリやゲームが Google Play アプリ内課金を既に利用していれば、Google Play Points に参加しているユーザーはそのアプリやゲームでポイントを貯めることができます。
ユーザーはポイントを Google Play クレジットに交換して、アプリやゲームのお支払いに使うことができます。
引用元:developers-jp.googleblog.com(引用元へはこちらから)

Twitterの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者