2018年05月22日更新
ピーター 池畑慎之介 休業

【休養宣言】ピーター名義を卒業、池畑慎之介に統一。1、2年休業宣言。

【休養宣言】ピーター名義を卒業、池畑慎之介に統一。

1381
0

【休養宣言】ピーター名義を卒業、池畑慎之介に統一。1、2年休業宣言。

池畑慎之介名義で俳優としても活動する歌手、ピーター(65)が来年から1、2年休養すると21日、発表した。報道各社に自筆のファクスを送り、今年の芸能活動50周年を機に「ピーターのぬいぐるみを脱がせていただく事にしました」と長年親しんだ芸名から卒業し、来年以降は本名の池畑慎之介に統一する。パワーを充電後、復帰すると明言も、「普通のオジサンに戻りたい!?」と休養中は“一般人”として生活する。

 芸能生活50周年を機に、ピーターが長年愛された芸名からの卒業と活動休止を電撃発表した。

 この日午前、報道各社に自筆のファクスを送って発表。書面では今秋で芸能生活50周年を迎えるにあたり、「2018年いっぱいで『ピーター』のぬいぐるみを脱がせて頂くことにしました」と報告。来年以降は本名の池畑慎之介に統一して活動するとし、「来年から1~2年休養させてもらいパワーを充電したいと思っております」と休養する決意をつづった。

 上方舞(かみがたまい)吉村流四世家元の人間国宝、吉村雄輝さん(享年74)を父に持ち、幼少期から舞踊を習うなど中性的な美少年として知られたピーターだが、芸名の由来は「あの子、男の子? 女の子なの? ピーターパンみたいネ」(本人談)と呼ばれたことだった。

 1968年に映画「薔薇の葬列」の主役にスカウトされ、69年に「夜と朝のあいだに」で歌手デビュー。85年の映画「乱」以降は、「池畑慎之介」を役者名とし、タレントや歌手業では「ピーター」として活動してきたが、人生観も変化。「還暦を過ぎたあたりから、色々と断捨離を実行しつつ、『死ぬまでにやりたい事100』を作り、実現する度に一つ一つ消してゆく作業のまっ最中です(笑)」などと経緯を説明し、好きなことを楽しむ日々の大切さを実感したようだ。

 来年から1、2年間、芸能活動を休止し、レンタカーで欧州を旅行する計画や英語の勉強をしたいと明かし、「自由な時間を好きに過ごしてみたい。今この年齢でしか出来ない事を悔いなきよう残りの人生を歩みたい」とプランを告白。

 最後は「本当に長い間『ピーター』を可愛がって下さいまして、ありがとうございました」と感謝し、「『普通のオジサンに戻りたい!?』(爆)」とユーモアたっぷりに締めたピーター。

 “普通のオジサン”を経て、さらなるパワーアップを目指す。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【警報】インフルエンザが警報レベルで蔓延、もうガチのマジでヤバイレベルに

 インフルエンザの患者が急増している。厚生労働省は18日、全国5千カ所の定点医療...

Mステ V6のバックダンサーがニーアオートマタの9Sに見える人続出「もうそれにしか見えないw」

【ネットの話題】5ch最強の荒らし「ホットラインセンターF9」って何者?火消し業者という説も

いなぷぅ(NGT48事件の加害者側の人物)と連絡を取り合って、火消し依頼を受けて...

【火事】愛知県刈谷市南桜町2丁目付近で火災

ロシア戦闘機 日本海上空で空中衝突「1機は墜落、海上で救助を待っているらしい」

ロシアメディアによると18日、ロシア極東の間宮海峡上空を飛行中だったロシア軍のス...

沸騰ワード10 佐藤栞里のロケに視聴者の好感度爆上げ「食べっぷりがいい」「性格いいし可愛い」

アクセスランキング

中央線 中野駅で人身事故 フロントガラス破損「轢いた衝撃半端なかった。真後ろで事後処理してる…」

太野彩香と不起訴の男のツーショット写真、スクショ、動画で叙々苑お誘い、事情聴取、でも関係ないらしい

山口真帆さん襲撃事件で逮捕されたジョーと呼ばれる不起訴の男との写真、SR動画配信...

【NGT48】太野彩香と山田野絵が北川智子マネージャーを縛って襲って退職させた疑惑が浮上

NGT48の太野彩香と山田野絵が配信中に「北川智子マネージャーが退職されましたけ...

【画像あり】内田恭子の夫(旦那)は吉本興業取締役!父親もスゴい!

元フジテレビアナウンサーの内田恭子は2006年にとある男性と結婚しているのですが...

JR京都線 千里丘~茨木駅間で人身事故「何かが当たってシャリシャリ音がした…。車内放送の声震えてる」

a

JR京都線 千里丘駅で人身事故「電車と人が接触、ホームが血だらけ」

14:33頃、千里丘駅で人身事故発生のため、吹田~京都駅間の運転見合わせ...

まとめ作者