【医療利権打破】岸田総理がコロナ&インフルの同時検査キットの市販を承認⇒今後は自宅検査がデフォに?

この冬、新型コロナとインフルエンザの同時流行が懸念されている。その中で起きうる医療ひっ迫を防ぐため、岸田総理が同時検査キットの市販を承認した。自分たちの利権に関わるため、反対する医療機関を押し切った岸田総理。今後も国民生活優先でガンガン医療改革に邁進してほしい。

162
0

目次

▼岸田総理が新型コロナ&インフルエンザの同時検査キットの市販を承認

医療機関向けだったものを一般向けにも転用(OTC化)

厚生労働省は28日、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの感染を同時に調べる抗原検査キットの市販を認める方針を決めた。これまで医療機関での使用に限られていたが、鼻腔(びくう)をぬぐう製品に限り一般用検査薬への転用(OTC化)を進め、自宅での自己検査などに使えるようにする。

引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)
同日開いた薬事・食品衛生審議会(厚労相の諮問機関)の専門部会が、企業や販売店向けの指針案を了承した。指針案では、発熱などの症状がある場合の自己検査に使うよう求めた。インフルでは発病初期にウイルスを検出できず正しい結果を得られない可能性にも触れた。
引用元:www.nikkei.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

販売時には薬剤師の説明を義務付け

市販化されるのは、医療機関向けの検査キットと同等の性能を持つ製品で、メーカーが承認申請を行い、認められれば可能になる。販売時には、薬剤師が文書で使い方を説明することを義務づける見通しだ。

引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

発熱等の症状がみられたときに使用するものとする

キットは、発熱などの症状がみられた場合に使用する。鼻の入り口付近の粘液を使って感染の有無を判定する。陽性の場合は、自宅療養や医療機関の受診などを適切に行うことになる

引用元:www.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)

▼背景にあるのは『新型コロナ&インフルエンザの同時流行』に対する懸念

11月頃から新型コロナの新規感染者が再び増えている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そしてインフルエンザ患者数も伸びている…

脇田隆字・国立感染症研究所長ら4人が会議に提出した
「新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの流行に関する短期的な見通しと暫定的リスク評価」では、新型コロナウイルスだけでなく、季節性インフルエンザも冬には流行する可能性が高いと指摘しています。

引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)
 理由の一つは、日本を含めた各国が水際対策を緩めており、国際的な人の移動が増えているからです。また、国内では過去2年間、インフルエンザが流行しなかったためにインフルエンザに対する免疫を持っている人が減っています。さらに、新型コロナウイルス感染予防対策の緩和で人々の接触が増えてきています。

引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)
 また、世界的なインフルエンザの流行の傾向からも、国内で今冬、インフルエンザが流行する可能性は低くないと考えられます。2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、国内外で、インフルエンザの感染は、一部の地域を除いてほとんどみられませんでした。しかし、2022年に入り、状況が変わりつつあります。

引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ちなみに2020年は医師会がインフルエンザ検査を控えるほどの混乱ぶりだった

インフルエンザ検査を行っていたら新型コロナに感染した医師の例を引き合いに
『予防策がとれない機関はインフルエンザの検査を控えるべし』
『症状をで診断するべし』

という驚くべきお達しが発布された。
日本医師会によりますと、先月下旬に北海道で新型コロナウイルスに感染した男性を診察した医師の感染が確認され、医師は男性の鼻やのどから検体を採取するインフルエンザ検査をしていたということです。
これを受けて、日本医師会は11日、医療用のゴーグルやマスク、それに手袋などを着用せず十分な予防策がとれない医療機関は、インフルエンザの検査は行わず、患者の症状で診断して治療薬を処方するよう各都道府県の医師会などに通知しました。

引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
コロナ禍初期における医療物資不足の頃の話とはいえ、新型コロナとインフルエンザの流行に同時に対処することは一筋縄でいかないことがわかる。

それだけに今回の検査キットOTC化は制度さえしっかり構築すれば「有用」な措置に違いない

薬剤師会常任理事も「有用」と太鼓判を押してくれた。
 日本薬剤師会常務理事の髙松登氏は同時検査キットのOTC化は「有用」との考えを示した上で、「ただし、検体採取の仕方やタイミング、その後の陽性だった場合の対処法などについては、利用する方に責任をもって説明をし、しっかり理解をいただくことが必要。単に説明して終わりではなく、しっかりとした販売方法にしていただきたい。そのためには薬剤師が販売時にいろいろな確認をとりながらの関わりが持てればと思う。リスク区分については第1類医薬品でお願いできればと思う」と述べた。

引用元:www.dgs-on-line.com(引用元へはこちらから)

▼これまで医療機関に限定されていた検査キットは彼らの「利権」でもあった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

キラキラネーム死亡! 戸籍法改正 「名前の読み方は、一般に認められているものでなければならない」

2日に法制審議会の戸籍法部会は、新たに「読み仮名」を戸籍に必須とするとともに、読...

岸田総理が打ち出した電気料金の負担軽減策、さっそく効果を発揮!「3月分の電気料金『実質値下げ』」!!

電気料金の値上がりが懸念される中、岸田総理が2023年1月から実施している電気料...

【訃報】MBS高井美紀アナ 死去 55歳  「皇室アルバム」など番組担当 1月25日に死亡

大阪・毎日放送は2日、アナウンサーの高井美紀さんが1月25日に死去したと発表しま...

【悲報】武蔵野市議選出馬の「酒向萌実」、鬼滅の甘露寺蜜璃を「おっ〇いぶりんぶりん」と侮辱した過去発覚

2023年2月2日 武蔵野市議選出馬の「酒向萌実」が話題になっています。それに関...

【悲報】兵庫の48歳男、急病の男児搬送の救急車妨害で逮捕!「一緒に遊んでた息子が退いてと言われ激怒」

兵庫県警芦屋署は2日、救急車の窓ガラスをたたくなどして救急搬送を妨害したとして、...

【不祥事】大阪狭山市議会・副議長の井上健太郎、児童向け交流イベントで複数の幼女の身体を触って逮捕

大阪府警察は2日、大阪狭山市の副議長である井上健太郎容疑者(54歳)を逮捕しまし...

アクセスランキング

【文春砲】オリックス吉田正尚! 妊娠中の妻がいながら美女20人を集めて夜遊び!

吉田は福井市出身の選手で、敦賀気比高校を経て青学大に進学しました。2016年には...

【人身事故】山手線 渋谷駅で人身事故「線路にバンジージャンプ」

2023年2月1日山手線 渋谷駅で人身事故が起きた模様です。 Twitter上で...

【バカッター動画】「資さんうどん」で、天かすを共用スプーンで一気食い! 特定作業が始まる

「資さんうどん」という人気のうどんチェーン店舗内で男性が、共用のスプーンを使って...

【速報】日テレ、宮台真司さん襲撃犯の実名を公表! 『神奈川県相模原市在住の無職・倉光実(41)』

去年11月、東京都立大学のキャンパスで、教授宮台真司が刃物による襲撃を受けました...

【特定】スシローペロペロ事件、犯人の学校のOBが登場、情報公開「岐南工業建築科2年生 じゅんぺい」

SNSなどで広がっているのは、若い男性客が回転寿司店で、醤油さしを舐めたりする様...

【高井十蔵】スシローで醤油さしを舐めた男 岐南工業高校のOBが卒アルと本名公開!? ネットが騒然

「スシロー」の店舗で撮影された動画がSNSに投稿され、瞬く間に炎上。名前を特定す...

まとめ作者