2016年07月06日更新
次期iPhone 速度

【次期iPhone】下り最大300MbpsのLTE通信に次期iPhoneは対応するかも?

この秋にモデルチェンジが噂される次期iPhone。現行のiPhoneでは下り速度が最大で150Mbpsですが、次世代モデルでようやく2倍の300Mbpsへと引き上げられるそうです。

608
0

次期iPhoneは下り最大300MbpsのLTE通信に対応?

今秋にも登場が見込まれる次期iPhoneについて、搭載されるモデムチップに関する噂が出ている。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
現状のiPhone 6/6 PlusはLTEの下り速度が最大で150Mbpsと競合のハイエンド製品に比べても決して高くないが、これが次世代モデルでようやく2倍の300Mbpsへと引き上げられるという。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
プロトタイプのリーク情報という位置付けだが、上記で説明した流れから考えて、
次期iPhoneがQualcommモデムチップの上位版を採用することはほぼ既定路線だといえるだろう。
引用元:2chradio.net(引用元へはこちらから)

とはいえ対応キャリア次第?

リークした画像

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この画像がiPhone 6sの物であれば、噂されていたデュアルカメラの採用は見送られたようです。
引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)
iPhone 6sがQualcommのCategory 6対応LTEモデム「MDM9635M」を使用していると報じました。MDM9635MはGobi 9x35 modemと呼ばれており、iPhone 6やiPhone 6 Plusが使用している9X25チップのパフォーマンスを改良したもの。
引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)
下り最大300Mbps/上り最大50MbpsのLTE通信が可能で、上りの速度は現行のiPhone 6と同じですが、理論的には下りの最高速度が現在のiPhoneの2倍になるそうです。なお、実際の速度は通信ネットワークの影響で225Mbps前後になるとも見られています。
引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)

バッテリー駆動時間も!

速度の面だけでなく、MDM9635Mを搭載することでLTE通信を行っている時のバッテリーの持ちもよくなり、さらにロジックボードが小型化するためより大きなバッテリーが搭載可能とのこと。
引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)
iOS 9は省電力モードが実装されるので、iOS 9とiPhone 6sの組み合わせでバッテリーライフがさらに強化されるわけです。
引用元:gigazine.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PC / インターネットの新着

アクセスランキング

【山口達也】逮捕。山口達也"メンバー"って何!?その理由。

"メンバー"って何!?

【逮捕】TOKIO山口達也、強制わい,せつ容疑で書類送検!

捕】TOKIO山口達也,逮捕される!

「Rの法則」出演者の赤沼葵(16)、山口達也の事件後に何故かインスタ非公開で話題 これは偶然か?

このタイミングで赤沼葵さんのインスタ非公開とか。。

TOKIO・山口達也の相手が特定される!Rの法則は放送中止…番組打ち切り決定か?

人気グループ「TOKIO」の山口達也さんが自宅マンションの部屋で女子高校生に無理...

【悲報】TOKIO山口達也メンバー書類送検…自宅マンションの部屋で女子高校生をを呼び出し…

人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバーが、自宅マンションの部屋で女子高校生...

【事故】首都高速湾岸線 空港中央~東海JCT間でトレーラーの横転事故により通行止めで渋滞 4/25

首都高湾岸線で事故により通行止め

まとめ作者