どうなる?LINEモバイル

ソフトバンクの傘下に入ったLINEモバイル 実情はどうなっているのでしょう?

156
0

LINEモバイル、赤字33億円も「もっと赤を掘りたい」──嘉戸社長が強気

本日、ソフトバンク回線のサービスを開始したLINEモバイル。2017年12月期決算の赤字額について嘉戸社長は「もっと赤を掘りたい」と余裕のコメントを残しました。

2017年12月期の決算によると、売上高の33.8億円に対して、営業損失は33.1億円、当期純損失は33.1億円と赤字。また、売上原価は売上高を上回る38.6億円にも達しています。

この点について嘉戸社長は「心配していただかなくても大丈夫です。通信業界は最初が一番お金がかかります」と述べ、事業が先行投資フェーズであることを強調。続けて「発表した内容で言うと、そんなに赤字かなと。私の中ではもうちょっと赤を掘りたい気持ちでした」と語ります。

3月にソフトバンクと資本提携したLINEモバイルは、大手キャリアのサブブランドを除く格安SIMで「通信速度No.1」を目指すほか、ドコモ・ソフトバンクのユーザーが端末のSIMロック解除なしで乗り換えられる「マルチキャリア戦略」、そして、即日開通店舗を現時点の69から夏までに100以上に増やす「スマホそのまま」の3本柱で顧客獲得を目指します。

なお黒字化の目安・獲得数の見込みについては「非開示」としています。
引用元:japanese.engadget.com(引用元へはこちらから)

LINEモバイルがソフトバンク網のサービス開始

 LINEモバイルは、MVNOサービスにおいて、ソフトバンク網を利用したサービスを開始した。

 スタート時点で、既存のドコモ回線を利用するサービスと料金プランは同じ。ただし、これまで「カウントフリー」として提供してきたサービスは「データフリー」に名称を変更した上で、対象サービスのデータ通信量をカウントしない仕組みを秋から提供する予定。それまではデータ通信量がカウントされるものの、月間に付与されるデータ容量を使い切った後も、データフリー対象サービスについては速度制限なく利用できる。これに関連して、7月と8月は契約したプランのデータ通信容量を2倍にするキャンペーンが実施される。
引用元:k-tai.watch.impress.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

思わず泣けるような漫画の名シーン・名言集

漫画のあるシーンでの名言や格言で、特に現実にも役立つような、重みのあるセリフ・場...

日本の漢字文化ならではの珍しい苗字特集

日本が漢字文化なためか、一見おもしろい苗字、珍しい苗字が実に味があっておもしろい...

【解答速報】平成30年度賃貸不動産経営管理士試験!受験者の感想・合格基準点・合格率・難易度は?

解答速報です。

【嵐 11/18】「5×20」札幌セトリ&レポ 「MCの写真撮影が札幌以外で中止、盗撮のせい?」

「5×20」アニバーサリーツアー2018-2019(20周年記念ドームツアー)の...

【嵐 5×20】グッズ列が昨日以上の混雑「グッズ列人多過ぎてペンラ買えない人がいる」

購入までの時間がかかります。

嵐 アニバーサリーライブツアー2018「5×20」札幌ドーム【11/16レポ&セトリ】

5大ドームツアーは7年連続!史上初!

アクセスランキング

まとめ作者