【東野圭吾】にハズレなし!木村拓哉(キムタク)&長澤まさみ共演映画「マスカレード・ホテル」が面白い

2019年1月18日公開の木村拓哉主演、長澤まさみ共演の映画「マスカレード・ホテル」の最新映像、ティザービジュアルが解禁。

165
0

東野圭吾原作 映画「マスカレード・ホテル」とは?

原作は、シリーズ累計300万部を突破した東野圭吾作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。
作品の舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。
次々と現れる素性の知れない宿泊客を疑い、その“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)とお客様を信じ、その“仮面”を守ろうとするホテルマン・山岸尚美(長澤)という全くの正反対、水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

あらすじ

都内の一流ホテル「コルテシア東京」

そこで働くベテランフロントクラークの山岸尚美は、支配人・藤木の言葉に困惑していた。

「都内で3件続いている連続殺人事件。次の犯行はこのホテルで行われる。事件を未然に防ぐため、警察がホテルの人間に化けて潜入することになった。君にはフロントに潜入する捜査官の指導と補助を頼みたい」

正直、無理だと思った。

ベルボーイやハウスキーパーならともかく、お客様と接するフロントクラークが素人に務まるはずがない。

何かお客様に失礼でもあれば、ホテルの評判に関わってしまう。

…とはいえ、恩人でもある藤木の頼みを断るわけにもいかない。

仕方なく尚美は教育係を引き受けた。

フロントに配置されるのは警視庁捜査一課の若き刑事・新田浩介。

優秀だがプライドが高すぎるのが玉に瑕。

刑事らしい鋭い目つきは、どう見てもホテルマンのそれではなかった。



一方、その新田は事件について考えていた。

今回の事件には不可解な点が多い。

被害者にも犯行方法にも共通点はなし。

一見しただけでは、誰も3つの事件が同一犯による犯行だとは思わないはずだ。

…あの暗号さえなければ。



引用元:wakatake-topics.com(引用元へはこちらから)
出展:Youtube

「マスカレード・ホテル」特報

原作:東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社文庫刊) 監督:鈴木雅之 脚本:岡田道尚 音楽:佐藤直紀 キャスト:木村 拓哉 長澤 まさみ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「マスカレード・ホテル」の映画化!ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者