2017年11月24日更新
銀行 事件 強盗

【銀行強盗】幡多信用金庫 神田支店で強盗事件 刃物男が現金を奪い逃走中 はたしん 高知県高知市


16379
0

【強盗】幡多信用金庫 神田支店で強盗事件 刃物男が現金を奪い逃走中 はたしん 高知県高知市

24日午後1時50分ごろ、高知市神田にある「幡多信用金庫神田支店」でヘルメットをかぶった男が窓口の近くにいた女性客に包丁のような刃物を突きつけて、「金を出せ。」と脅しました。
職員が現金の束を渡すと、男は小型バイクで逃げました。

信用金庫によりますと、職員が渡した現金の束は1000万円分の厚みがありますが、表と裏の2枚だけが本物で被害は2万円だということです。
残りの998枚は職員が札束を数える練習をするのに使う1万円札と同じ大きさの紙で、100万円の厚さを一束にして帯封がされ、それを10個重ねたうえで、さらに帯封がされていたということです。

当時、信用金庫には客と職員合わせて7人がいましたが、けが人はいませんでした。

男は、身長が1メートル50センチから60センチで、黒色のヘルメットをかぶっていて、逃走する際に職員が投げたオレンジ色の蛍光塗料が入った「カラーボール」が当たったということです。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者