2017年09月14日更新
朝食 体に悪い説 身体機能低下

朝食は体に悪い説が話題、朝食を摂ることで身体機能低下の恐れも

朝食ステマ。ビジネス。寿命が延びて健康に?人と体

129
0

朝食を摂ることで身体機能が低下

“飢餓状態”をつくることで免疫力が向上?

その主な理由としては、朝食を摂ることで身体機能が低下するというものだ。

「飢餓に陥った人間の体では病体のタンパク質をエネルギー源として消化して、結果的に破壊せしめるという自己融解現象が発生する」(『朝食を抜くと健康になる』より)

 つまり、空腹時間を確保し、“飢餓状態”をつくることで免疫力が向上するというのだ。実際に、「長寿遺伝子」「抗老化遺伝子」などと呼ばれるサーチュイン遺伝子は、飢餓状態の時に活性化し延命効果をもたらすといわれている。

 空腹状態とは、言い換えれば内臓を休める時間をつくるという意味だ。内蔵は、消化活動をしていない時には体の機能を高める働きに力を使うと考えられている。数日絶食すると、血色がよくなり、肌にツヤが出てくるのを体感したことがある人も多いだろう。逆に、夜寝る直前に食事をした場合など、寝ている間にも内臓が働き続けるため、朝起きたときに体が重くなりがちだ。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【強い】藤井七段、(タイトル戦(王座戦)初出場へあと2勝 A級棋士深浦九段を下し準決勝へ

将棋の王座戦挑戦者決定トーナメントは22日、東京都渋谷区の将棋会館などで2回戦の...

【沿線火災】東武アーバンパークライン 岩槻駅~東岩槻駅間で火事 電車遅延

【速報】NEWS小山が「6/28」に「news.every」で復帰?番組表に小山の名前が・・・

28日放送の「news every.」のページを開くと、小山さんの名前が出演者一...

【サッカーW杯】城彰二「自分が監督ならGK川島は100%外す」「長谷部を外して山口」

元日本代表FW城彰二が提言、セネガル戦の理想布陣とは?

【悲報】メッシヲタの小柳ルミ子、アルゼンチンの敗戦で体調不良「具合が悪い」

 小柳はクロアチア戦の敗戦から一夜が明けた午後、ブログを更新「眠れなかった。珍し...

日本海洋掘削、会社更生手続き申し立て 負債約904億円

日本海洋掘削<1606.T>は22日、会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京...

アクセスランキング

まとめ作者