2018年02月19日更新
シナブン山 大噴火 火砕流襲来

スマトラ島のシナブン山が大噴火 噴煙火口上1万メートル超え 火砕流襲来の可能性も

地震と火山、スマトラ島北部にある火山 シナブン山が噴火

229
0
日本時間の19日(月)10時53分頃、インドネシア西部 スマトラ島北部にある火山 シナブン山が噴火しました。噴煙が火口上1万メートル(海抜1万3千メートル)を超える高さまで上がった模様です。

警戒レベル4(最高)を継続発表
インドネシアの火山地質災害防災センター(CVGHM)は国民に向けて、シナブン山の警戒レベルを4段階中最高のレベル4(AWAS)と発表しています。シナブン山では2010年以降、活発な噴火活動を繰り返しており、2015年6月から警戒レベル4を継続発表しています。警戒区域内では火砕流などが襲来する可能性があるため、政府などは決して立ち入ることの無いよう呼びかけています。
引用元:weathernews.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者