2018年04月20日更新
マグネットボール 誤飲 消化管

【注意】マグネットボールが怖すぎ!誤飲で子供の消化管に穴が開く

マグネットボール、誤飲、消化管

184
0
 2018年1月、「医師からの事故情報受付窓口」(以下、「ドクターメール箱」という。)(注1)と医療機関ネットワーク(注2)に、幼児が複数のマグネットボールを誤飲し、消化管が穿孔(せんこう)(穴があくこと)し開腹手術等したとの事故情報が2件続けて寄せられました。いずれもネオジム磁石をうたう強力な磁力のマグネットボールを複数個誤飲したもので、磁石同士が引き合って消化管内に腸壁を挟んでとどまり、腸壁を穿孔していたものを開腹手術等により摘出したというものでした。

 医療機関ネットワークには上記のマグネットボールの事例を含め、子どもが磁石を誤飲した、もしくは誤飲したと思われる事故情報が124件(2010年12月以降2018年3月末日までの伝送分)寄せられています(注3)。また、医学論文等でも数十件の症例が報告されており、国内において磁石の誤飲、特に複数の磁石(または磁石と金属)を誤飲した場合の危険性については、これまでに各所からも注意喚起がされているところですが、その後に今回の2件が発生しました。
引用元:www.kokusen.go.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者