2017年06月03日更新
シミ シワ シナモン

シミやシワにシナモンが効果的?本当?

テレビと広告、ジョブチューン、爆売れ、副作用

5979
0
シナモン(英:Cinnamon、学名:Cinnamomum verum、シノニムCinnamomum zeylanicum)とは熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹、またその樹皮から作られる香辛料である。ニッキとも。また、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼ばれる。特徴的な芳香成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロールなど。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

過剰摂取は肝障害のリスクも?

シナモンの香り成分の1つであるクマリンという物質を過剰に摂取することにより、肝障害が誘発されることがわかってきました。クマリンは、セイロンシナモンよりもカシアに多く含まれる成分です。
ドイツでは、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)が、耐容一日摂取量(人が一生涯にわたり摂取しても健康への影響上問題ないとされる一日当たりの摂取量)を、体重1キログラム当たり0.1ミリグラムに定め、注意喚起をしました。

独立行政法人国立栄養・健康研究所ホームページ
「ドイツのBfRがシナモン中のクマリンについて警告」
引用元:www.fukushihoken.metro.tokyo.jp(引用元へはこちらから)
シナモンの有効成分は、
毛細血管の内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化する、
アンジオポエチンと同じ働きをしてくれます。


つまり、シナモンは損傷した毛細血管の壁細胞に代わって、
内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化し、血管の炎症を防ぎます。


また、シナモンは、炎症後の毛細血管の漏れも修復してくれます。


そのTie2(タイツー)を活性化の効果は、
シナモンを摂取後、2~3時間後に発揮されます。


シナモンの効果によって、毛細血管が修復されると
栄養が線維芽細胞に行き渡りって肌の代謝が促進され、
コラーゲンが生産されるので肌にハリが蘇ってきます。
引用元:cinnamon.kenkatu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シナモンの参考画像

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者