大谷翔平、右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術を受けることが決定

大谷翔平投手が、都内の病院で内視鏡による、右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術を受けることが決定

666
0

入院期間や練習再開までに要する期間などについては、手術終了後に改めて発表

日本ハムは11日、大谷翔平投手(23)が12日に東京都内の病院で内視鏡による右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去の手術を受けることが決まったと発表した。入院期間や練習再開までに要する期間などについては、手術終了後に改めて発表する。

 大谷は球団を通じて「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」とコメントしている。

引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者