2017年09月23日更新
長時間労働 うつ病 過労死

連続39時間労働も。長時間労働でうつ病発症、瑞浪市東濃厚生病院勤務の国体優勝選手が自殺

過労死・JAグループの県厚生農業協同組合連合会、ブラック、ビジネスと労働、国体優勝しても人は奴隷なのん、日本の闇、闇とスポーツとライフル、平等な、肩書と人生、鈴田潤、命を救って命が奪われる?労働教育不足している?

504
0
訴状によると、鈴田さんは13年から瑞浪市の東濃厚生病院に勤め、救急外来の対応など長時間働かされた。当直明けから翌日深夜まで連続39時間近く勤めた日もあった。うつ病を発症し、14年1月に自殺しているのが見つかった。病院側が安全配慮義務を怠ったと訴えている。

 多治見労働基準監督署は自殺を労働災害と認定している。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
岐阜県瑞浪市の病院に勤めていた鈴田潤さん(当時26歳)が自殺したのは、長時間労働でうつ病を発症したためだとして、両親が21日、病院を運営するJAグループの県厚生農業協同組合連合会(JA岐阜厚生連)に約9000万円の損害賠償を求め岐阜地裁に提訴した。

 国体強化指定選手だった鈴田さんは長崎県出身。大学卒業後、JA岐阜厚生連に就職。岐阜で2012年にあった国体のライフル射撃で優勝した。

引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

趣味の新着

アクセスランキング

まとめ作者