2017年06月20日更新
労働強化 ワームビア 北朝鮮

危険な刑?北朝鮮の労働教化でアメリカで解放されたワームビア氏が死亡

労働教化、北朝鮮、労働強化ではない。労働教化の内容は?

591
0

労働教化の内容は?

北朝鮮に約1年半拘束され、昏睡(こんすい)状態で解放された米国人大学生オットー・ワームビア氏が亡くなった
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
日本でいう刑務所や大韓民国(韓国)でいう教導所にあたるが、これらの国での犯罪者への処遇とは違い、男女の差が無く非常に過酷な重労働(一日12時間以上という例もある)を課せられたうえ、監視員による正当な理由のない私的制裁を受ける。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
単なる犯罪者と違い、政治犯に対しては、釈放される機会が与えられている
「革命化区域収容者」と、一度入ると二度と外へは出られない「完全統制区域
収容者」の2種類がある。「完全統制区域収容者」の政治犯は、
しばしば、監視員の恣意的な判断で射殺される。

悲惨極まる強制収容所生活

1日の労働時間は12時間、男女の差なく、罪状により炭鉱採掘、森林伐採、
鉱山採石などの重労働を強制される。ノルマがある。1日のノルマを果たせない者は
ノルマを達成するまで、12時間を超えて重労働を強制される。
引用元:www.mercury.sannet.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

アクセスランキング

まとめ作者